×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジュゴンの家・日誌
「ジュゴンの家」の賛助会員、募集中
「ジュゴンの家」は沖縄・名護にあるリサイクルショップです!!お店を開けつつ、「基地建設をとめたい!!」という思いで、日々行動しています。
「ジュゴンの家」では「ジュゴンの家」を支えてくださる賛助会員を募集しています。
「力になろう!」という皆さま!!
ぜひ、賛助会員になってください!!よろしくお願いします!
会員申し込みは・・・FAXまたはメールでお知らせください。
  住    所 沖縄県名護市城2-13-2
  電話&FAX 0980−54−2948 
   e−mail   dugonghouse_in_okinawa@yahoo.co.jp
会費・・・月1000円、年10.000円となります
同基金への協力は 
●琉球銀行 普通口座 名護支店
 口 座 番 号   23−130
 口 座 名  西 陽子 まで

よろしくお願いいたします
  じゅごんの家へのメールはコチラ!!→→ 

6月Aへ 日誌indexに戻る 6月Cへ

6月B

※辺野古への行き方をご案内します。

  辺野古には、那覇と名護より77番の
バスで来ることができます。
詳しくはhttp://www.rosenbus.com/から路線バスの沖縄バス、 77系統名護東(辺野古)線をご覧下さい。
 辺野古バス停で下りたら、海の方まで川沿いに歩いてください。 漁港前の防風林を越えて防波堤に出たところが座り込みのためのテントです。 途中、命を守る会への案内看板もあります。そちらからでもテント村に行けます。

 
車、レンタカーでいらっしゃる方は、沖縄自動車道「宜野座インター」 を出て左、国道329号線を北上し10数分、「久志(北)」の交差点を右折、久辺中学の横を通り、坂の下の給油所「辺野古(西)」を 右折、川沿いに海に向かいます。
 辺野古漁港は立ち入れませんので、手前に駐車して漁港入り口までおいで下さい。テント村の場所は漁港入り 口向かって右側、防風林の向こう側、防波堤の上です。


☆飛び入り大歓迎!!
     一緒にビラまきをしたい人を募集しています。

☆作戦決行日:毎週土曜(雨天中止)
      14:
30 じゅごんの家集合!!(名護市城2−13−2)
      15:00 為又・
「洋服の青山」前で街宣開始!


6月13日(水)
座り込み1151日目。

琉球新報

与那国寄港 米司令官、撤回せず

 米海軍掃海艇2隻が24日に与那国島へ寄港する計画をめぐり、仲里全輝副知事は12日午後、あいさつに訪れた在日米海軍のジェームズ・ケリー司令官(少将)に対し寄港の自粛を求めた。ケリー司令官は「沖縄の一市民として基地内でも外でも一人一人が良き隣人であることを意識するよう伝えることは私の使命だ」と述べ、寄港撤回の意思はないことを示唆した。
 仲里副知事は、在沖米海軍の地元との親善活動などに触れた上で「与那国への寄港でせっかくこれまで努力した米海軍への評価を落とさないよう慎重な配慮と自粛をお願いする」と述べ、与那国への寄港取りやめを求めた。
 ケリー司令官は寄港への直接の言及は避けながら「在日米海軍司令官として、水兵一人一人が日米間、海軍と沖縄の関係の大切さ(を知り)、友情を築き、維持することの重要性を伝えていきたい」と述べた。
 副知事は在日米軍再編合意による基地返還についても「整理縮小が計画的に進むよう支援願いたい」と計画促進に協力を求めた。その上で「在沖米軍各部隊の方々と県民が融和を図るようわれわれも努力したい」と話した。
 ケリー司令官は司令官交代式に出席するため12日に沖縄を訪れた。

(6/13 10:07)

那覇空港拡充に前向き アジアゲートウェイ構想

 【東京】安倍晋三首相は11日午後の参院決算委員会で、日本を世界とアジアを結ぶ懸け橋にすることを目的に、自身が提唱する「アジア・ゲートウェイ構想」に触れ、「沖縄こそまさにアジア・ゲートウェイの中心になっていく可能性は十分にある」と述べた。
 さらに「沖縄の発展には那覇空港の能力の増強が必要だと認識している。今後幅広く合意形成を図りながらできるだけ早期に結論を得て実現に向けて取り組みたい」と那覇空港の機能拡充・強化に前向きに取り組む姿勢を示した。西銘順志郎氏(自民)への答弁。
 安倍首相は高市早苗沖縄担当相が5月に発表したアジア諸国や県内外の青年らが沖縄で交流する「アジア青年の家」構想の実現に意欲を示した。
 高市沖縄相は沖縄振興計画について「計画後半5年では、これまでにも増して沖縄の独自性を増すこととさまざまな産業の高付加価値化、ブランド化に力を入れたい」と述べた。
 米軍普天間飛行場代替施設の環境現況調査(事前調査)に海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」を動員したことについて「県民に銃口を向けるものだとの声も上がった」との西銘氏の指摘に対し、久間章生防衛相は「自衛隊は民主国家にとって必要最小限の実力を保持する組織で国民に銃口を向けるものではない。沖縄の人々はそういう間違った考えを持つことはやめてほしい」と述べた。

(6/12 10:35)

沖縄タイムス
「集団自決」削除/元文科相「おかしい」
 【東京】自民党の教育再生に関する特命委員会(委員長・中山成彬元文部科学相)が十二日、党本部で開かれ、文部科学省が二〇〇六年度教科用図書の検定結果を説明した。県選出の仲村正治、嘉数知賢両氏が、沖縄戦「集団自決(強制集団死)」への日本軍の関与を高校歴史教科書から削除したことを厳しく批判。中山委員長は会合終了後、記者団に「沖縄の二人から身につまされる話があった。教科書は(中国など)外に弱くて内に強く、私に言わせればおかしい」と同調した。

 会合では鈴木恒夫氏など他の委員からも、県関係議員の発言に同調する意見が出た。今回は委員会としての結論や方向性は出さず、来週中に再度、会合を開く。

 中山委員長は南京大虐殺を例に「(死者数)三十万人なんて(史実は)ない。それを(歴史教科書で)否定すればいいのに、(沖縄戦での軍命による)殺し合いを否定するなんておかしい」とも述べた。

 沖縄戦体験者の仲村氏は「理性を失った軍隊が(住民に)『捕虜になる前に死ね』と強要したのは事実。事実は事実として(教科書に)記述して後世に伝え、二度と過ちを起こさないことが大切だ」と軍関与の記述削除を批判した。

 嘉数氏も「米軍に捕まったら女性は強姦され男性は八つ裂きにされるということで、日本軍が(住民に)手りゅう弾を渡し、集団自決に追い込まれた。自分たちで自主的に死んだことはあり得ない」と語気を強めた。

「見切り発車」反発も/金武町長ヘリパッド受諾
 儀武剛金武町長は十二日、米軍ギンバル訓練場の返還条件となっているブルービーチ訓練場へのヘリパッド移設を「苦渋の選択」で受け入れると表明した。日米特別行動委員会(SACO)で返還のめどとしていた一九九七年度末から、約十年越しとなる地元自治体の了承で、焦点はギンバル訓練場の跡地利用に移った。政府内には安堵感が広がり、在日米軍再編を後押しするとの見方もある。しかし、地元・並里区の根強い反発など、わだかまりを残したままの「見切り発車」との声もあり、先行きは不透明だ。

同意得られた

 「SACO事案は地元の同意がすべて得られたことになる」

 儀武町長の「受け入れ表明」に防衛省幹部は声を弾ませ、「住民の代表者、責任者としての発言だ」と強調。返還に向けた米側との具体的な調整を加速する考えだ。

 一方、政府内にはギンバル訓練場の返還問題は「在日米軍再編の障害だった」(政府関係者)との見方もある。

 同問題に手を割かれ、米軍再編最終報告に盛り込まれた米軍キャンプ・ハンセンの共同使用について同町との調整が遅れていたとして、「今度は共同使用だ」(同)と次の課題を模索する動きも出ている。キャンプ・ハンセンに機能統合される浦添市の牧港補給地区など、嘉手納以南の基地返還にも追い風となるとして期待が広がっている。

「異例の配慮」

 「これで財政当局と調整に入れる」

 内閣府沖縄担当部局幹部は、儀武町長の「受け入れ表明」が、ギンバル訓練場の跡地利用事業を二〇〇八年度予算に計上する上で、財務省を説得する大きな「切り札」になるとの認識を示す。

 防衛省と内閣府はギンバル返還条件に関する町からの要望に対し、口頭ではなく文書を送付する「異例の配慮」(内閣府幹部)をした。文書が同じ日に町役場に届くよう、文書の日付や東京からの発送日も足並みをそろえた。

 幹部は「並里区を説得する根拠として、文書が儀武町長の判断を後押ししたのだろう」と述べ、安堵感をにじませた。

島田懇最終年

 内閣府は今後、財務省の査定に耐え得る実行可能性の高い跡地利用計画を目指し、担当者は「これからが重要」と気を引き締めている。

 「基地経済からの脱却」を公約に掲げる儀武町長にとって、跡地利用の大きな財源である「米軍基地所在市町村活性化特別事業」(島田懇談会事業)の期限切れを本年度末に控える中、夏場の〇八年度予算概算要求前の六月定例会が受け入れのタイムリミットだった。

 今年四月から住民説明会を七回開いたが、基地被害の増大を懸念する声が相次ぐ一方で、財源確保を危惧する意見も出るなど意見の集約は一向に図られなかった。

 儀武町長は受け入れ表明後、記者団に「町内に移設してほしくないのが本音。しかし、基地の整理・縮小の中で、返還するのは今しかないというタイミングだった」と、苦しい胸の内を語った。

 しかし、与那城直也並里区長は「訓練場の減少で、町外から見たら負担軽減かもしれないが、住民にとっては負担増でしかない」と強調。いまだ住民の反発は根強く、今後の町の対応次第では、返還作業に影響を及ぼす可能性も残っている。(東京支社・島袋晋作、吉田央、北部支社・屋良朝輝)

町議会が容認決議へ

 【金武】米軍ギンバル訓練場の返還問題で、金武町議会(松田義政議長)は十二日、返還条件となっている町内ブルービーチ訓練場へのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の移設受け入れを儀武剛町長が表明したことを受けて、開会中の六月定例会で容認決議の検討に入った。十三日の定例会後、全員協議会を開いて協議し、十四日の最終日の決議を目指す。

 儀武町長は「日米特別行動委員会(SACO)最終合意に基づき、基地の整理・縮小という観点から、ギンバル訓練場の返還条件を受け入れ、跡地利用計画推進を図っていくことを決断した」と、受け入れを表明した。

 これを受けて複数の町議から「町長の表明を、議会として後押しする必要がある」との意見が出されたため、町議会では容認決議の検討に入ることを決めた。

 松田議長は「これまで十年間、紆余曲折があったが、町長は政治家として判断すべきだったし、しかるべき判断をしたと思う」と、町長の受け入れ表明を評価した。

 一方、仲間政治軍特委員長は「住民の合意をまだ得られていない」と指摘。防衛省がヘリパッドの移設先に、撤去可能なランディングマットを敷くとしたことについて「マットを敷いても、演習が固定化・強化される可能性はある」と話し、儀武町長の受け入れ表明に異議を唱えた。

[解説]
求められる説明責任

 儀武剛町長が、ブルービーチ訓練場への米軍ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の移設を条件とする米軍ギンバル訓練場の返還条件の受け入れを表明した背景には、一九九六年に日米特別行動委員会(SACO)で示された返還を進めたい政府と、ギンバル跡地利用による地域活性化や「基地負担軽減」につながるとみる町側の思惑が一致したためだ。SACO合意で返還のめどとされた九七年から十年。儀武町長が条件を受け入れたことで、ギンバル返還は大きく動きだした。

 しかし、ブルービーチに隣接する並里区(与那城直也区長)は、米軍ヘリによる騒音被害増大への懸念などからヘリパッドの移設に反対しており、住民の不安を解消するための説明が求められる。

 SACOでは、演習の障害になる岩やさんご礁も少なく、米海兵隊の水陸両用車やホーバークラフトを使った上陸訓練に本島内で最も適し、キャンプ・ハンセンとの連動した訓練が望めると、ブルービーチへのヘリパッド移設を米軍が望んだ。

 しかし、並里区や町議会はこれまでに、移設反対の決議や要請などを行っており、地元の合意が得られずに返還作業は進まなかった。

 儀武町長は今年、各区で開かれた住民説明会の中で「返還条件を認めることで、町内の基地負担軽減になる。基地依存経済から脱出するチャンスだ。このまま何もしないことは、基地や訓練がそのままでいいという誤ったメッセージと受け止められる」と訴えていた。

 町民からは、跡地利用で先端医療センターやホテルの建設が計画されていることから、雇用創出に期待する声もあり、儀武町長は百二十―百五十人の雇用を見込んでいる。移設先の負担増加への懸念をどのように解消するのかを示すと同時に、跡地利用による地域活性化の具体的なビジョンを示し実現する重い責任が、儀武町長に課される。(北部支社・屋良朝輝)






6月12日(火)
座り込み1150日目。
今日は大雨です。すごい豪雨。 皆で雨漏りを修理したりしました!ついこの間まで祐治さんがやっていた仕事です。祐治さんの偉大さを実感しました。 MちゃんとSくん久しぶり〜!!
「人(あなた)がいれば止められる!」カヌー隊を募集しています!! ぉぉ〜!眼鏡カップル。 COCO雨に濡れて子供の風呂上りみたいです。
どしゃぶりで一歩も外には出られません。 「ん〜雨だなぁ。」とNくん。 でも心は晴れているよ!




6月11日(月)


6月10日(日)
★事前調査は前回、5/18〜20日の作業で私達に何箇所かのポイントの機器設置を阻止されているため、改めて作業を奇襲的に強行してきました!事前調査の名の下に始められた「V字型基地建設」を絶対に阻止するために海上保安庁の弾圧をぶっ飛ばして闘っています!全国へこの状況を知らせ、辺野古現地へ駆けつけてくださるようにお願いいたします!
7:30出航。
海上保安庁による船検。「船員の名前を言わないと出航させないぞ」などと、脅しをかけてきました。
海上保安庁は前回「民事不介入」として”中立”を公言していました。今回は「安全のために」と言いながら私達の船に体当たりし、海中での作業員の手荒いやり方をも見逃しています。絶対に許せません! 私達の阻止船には各船に3隻の海上保安庁ゴムボートが張り付き、介入してきます。カヌーを転覆させたりするやり方は許せません!全国からこの政府の暴力的なやり方に抗議の声を!
ソナー ソナーの電池を取り替えようとしているのを阻止しています!
アジサシがエサを器用に獲っている。
サンゴの着床具。
組み立て不可能な大きいカメラを、第八不知火丸がクレーンで海中におろそうとしています。
カヌーと飛び込み隊が懸命に止めに入り、完全に阻止しました! 新聞では「機器設置ほぼ終了」となっていました。”ほぼ終了”としか言えない!阻止している証拠だ!
今日の夕ご飯。

サオリが初コロッケに挑戦!!

ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!

2007年06月10日


9時半

ecd7272b.jpgいくつかに作業船団が分かれているため、こちらの船も分かれて追い掛け、作業を止める準備をしている。作業船団はあっちへこっちへ場所を移動し、撹乱している。
海は穏やかだが、日差しがきつい。

178bdb12.jpg午前8時すぎ、海上保安庁のゴムボート9隻が浜から100メートル付近に接近。その後カヌーや船が出航。沖に集まっていた作業船がリーフ内に入ってきて、いくつかポイントブイを浮かべた。カヌーは分かれてポイントに付いている。

おはようございます

070850c3.jpg朝早くから集まっています。カヌーや船を準備しています。
辺野古の座り込みに参加した太一くんの投稿が東京新聞に掲載されました!
「辺野古に基地つくらせない」(横浜市戸塚区・鈴木太一・大学生・22才)
先日、沖縄・辺野古に行ってきた。新たな米軍基地建設阻止のための座り込みに 参加するためだ。ネットの字面では感じることのできない、本当に多くのことを 学べた。阻止行動に使うカヌーの重さ、透き通るような海の奇麗さ、沖縄の人た ちが今までどれだけ差別・重荷を背負わされてきたか、基地があることでどれだ け苦しんできたか。それらすべてを感じて自分の気持がしっかりと固まった。絶 対に新基地をつくらせてはいけない。辺野古で闘いながらも、決して笑顔を忘れ ない人たちと一緒に行動して行こう、と心に決めた。」
琉球新報

「集団自決」軍命削除に抗議 3500人、撤回要求

教科書検定意見の撤回を求め「頑張ろう」を三唱する参加者=9日午後、那覇市の県民広場

 文部科学省の高校教科書検定で沖縄戦の「集団自決」記述から日本軍の関与が修正・削除されたことに抗議する「6・9沖縄戦の歴史歪曲(わいきょく)を許さない!県民大会」(同実行委員会主催)が9日午後、県庁前の県民広場で開催された。平和団体や労組、住民など3500人(主催者発表)が参加。「集団自決」を体験した高齢者も姿を見せ大会を見守る中「子どもたちに沖縄戦の実相を伝えよう」と文科相や首相、県知事、県議会議長あてに検定意見の撤回を求めた決議と3項目からなるスローガンを採択した。15日に同実行委代表が文科省などに要請行動を行う。
 大会では、実行委共同代表の高嶋伸欣琉球大教授が情勢を報告し「今回の検定は明らかに歴史の事実を歪曲した改悪。十分、記述の正誤訂正を要求する根拠はある」と説明。「(19)82年に『住民虐殺』の記述が削除された時も県民の怒りの声で政府が検定意見を撤回した前例がある。勇気を持って今回も撤回へ取り組んでいきたい」と呼び掛けた。
 会場には若い世代の姿も見られた。沖縄戦体験者と対話を重ね、戦争を語り継ぐ活動をしている「虹の会」の赤嶺玲子さん(24)、北上田源さん(25)、榎本真弓さん(20)は「文科省の担当者は一体どれくらいの体験者の話を聞き、資料を参考にしたのか。苦しい戦争体験を語ってくれた人の思いを裏切ることになる」と今回の検定に抗議。「沖縄戦の真実を知りたいという気持ちは多くの若い世代の意志。真実を知る権利を奪わないでください」と訴えた。
 社民党県連、社大党、共産党県委、民主党県連の各代表や労働団体、民主団体の代表もあいさつ。最後は全員で「頑張ろう」を三唱し、国際通りをデモ行進した。実行委事務局の高教組によると、検定意見撤回を求める署名は高校生も含めこの日で1200件超集まった。

(6/10 9:52)


6月Aへ 日誌indexに戻る 6月Cへ




参加者募集!!!
基地建設阻止行動およびテントで座り込みする人が必要です!!!
少ない時間でも、行動できる人は集まってください!!
あなたが行動することで現場の状況は変わる・・・・!!
どうか、よろしくお願いします!!
辺野古に来てください!!!
基地建設阻止行動のための緊急カンパのお願い!!
 辺野古では日米政府が「沿岸案」を合意し、座り込みはまだまだ続いています。。今後も基地建設を止めるには多大な資金が必要になると予想されます。全国の皆さんにカンパをお願いしたいと思います。皆さん応援をよろしくお願いします!!

 カンパを振り込まれる際は、下記の口座にお願いします。
加入者名「ヘリ基地反対協議会」 郵便振替番号:01700-7-66142

 沖縄・名護・辺野古の美しい海を埋め立て作ろうとしている新しい軍事基地建設を止めさせるために、おばぁたちが座り込みをはじめてから8年と600日以上。その怒りを正面からうけとめもせずに国は、ムリヤリ、かなりボーリョク的に着手し、調査のために建てられた5コのやぐらは、すでに海中のサンゴをふみくだいている。日本の各地で、世界で、この基地を作ることに対し、抗議の声がうずまいているとゆーのに。

 今、辺野古では、陸上での座り込み、海上・海底でのカヌーや船を使った阻止行動がつづけられており、那覇、大阪、京都、名古屋、東京では座り込みなどで辺野古のことを訴える活動が広まっている。これらを通じて辺野古を知り、これをじぶんの問題として重くうけとめた若者たちが辺野古にあつまり「カヌー隊」として活躍しはじめているところだ。

 弟のシュウは、船の免許をとり、「阻止船」を操縦している。巨大な作業船が辺野古に現れた日、通らせまいと、台船の進路に立ちはだかったが、台船は停まらず、シュウの船は何十倍もの大きさのその船に突撃、間一髪転ぷくはまぬがれたという。数年まえまでいわゆる「不登校」だった弟は、幸運なきっかけを得て、沖縄に行き、沖縄のかかえる問題を知り、辺野古のおばぁ達に出会った。おばぁ達に、学校では教えてくれないいくつものことをおそわり、「戦(いくさ)やならん、命どぅ宝(ぬちどぅたから)」とおそわった。これ以上、おばぁたちに、基地を苦しみを座り込むことをおしつけたくない、たった1人になってもここに立って止めよう、命をはってでも、と決めた。しかし、台船にぶつかる瞬間、シュウの頭をよぎったのは「かならず、生きぬいて帰ってきなさい、なにがあっても」という、おばぁのコトバと、大切な人たちの顔の走馬灯。死ぬわけにはいかない。なにがあっても生きていること、それ以上に価値あるものはない。おばぁの言葉の意味すること。弟の死がもたらす悲しみは、おばぁたちをも殺しかねないのだ。

 恋人のユウスケは、カヌー隊で、海上でのすわりこみをするため、名護でくらしている。ある日、仕事をやめ、彼は「辺野古に行こうと思う」と言った。それは、唐突ではあるがまるで必然のようだった。生活=お金のための生活をやめて、イメージに近いほうを選ぼうとしていたユウスケ。辺野古のことは知っていた。基地ができれば、もちろん自然はこわされ、それ以上に人がたくさん死ぬ。ねがいは、ただ、「幸せになること」。だからこそ、目の前に見えている脅威を見てみぬふりをして自分を偽ることはできない。ほんとうに幸せになりたいから、止めに行く。それが、ユウスケのイメージだ。ものすごくシンプルに、「好きな人を失いたくない、悲しませたくない」から、この不穏な世の中の流れを止めるために動く、その中でいま1番焦点になっているのが辺野古だったのである。

 カズマサ君は、仕事をやめてから、地元・名古屋と辺野古を行き来し、名古屋では街頭アピールなどで広め、辺野古では、はげしく船酔いしながらも必死で阻止行動をしている。

 サチコは施設局側の作業員との攻防で1度、指を3cmきり、流血したが、今日も笑顔で海に出て行き、カヌーをこいでいる。

 彼らは全員20歳代だ。若いからと言って失うものがないわけではない。仕事も、恋人もギセイにしてきている。
家族や友人の理解が必ずしも得られるわけではない。経済基盤も保障ももちろんない。
彼らはなにも好き好んで「たたかい」に来ているのではない。それぞれの意志で来ているのは確かだが、闘いたくて
闘っているわけではないのだ。ほんとうなら、好きな人と好きな場所で心おだやかに暮らしたい。
世の中が本当に平和なら、やりたいことは他にもっとある。
 それでもかれらが辺野古に来るのはなぜか。
 どうしても、今止めなければならないから。
 人の命をなんとも思わない人々がゆるせないから。
 命が大切と言うことだけは、どーしてもゆずれないから。

 私自身は東京で店を持ち、そこから発信していくために東京でやることに決めたため、辺野古には行けない。
先日も顔を蹴られるなどの暴行をカヌー隊メンバーが作業員から暴行を受けたとの報道があった。
東京で、はなれた場所でそのようなニュースを耳にすると、怒りとかやりきれなさが体中をうずまいて
いてもたってもいられない気持ちになります。今すぐにでも辺野古に行きたい。
 ケガさせられたり、あるは殺されたり、捕まったり。自分の大切な人がそんな目に、いつ合わされるか分からない状況
の中で、日常をおくらなければならないのが辛い。はなれていて手と足もだせない、叫んでも届かないのが辛い。
 ものすごく個人的な話ではある。
でも、自分の大切な人のいのちが大切なのは、誰でもあてはまるはずである。
自分の周りの人を大切に思うことと、戦争をなくそうと思うことは同じことだ。
大切な人が死んだらイヤだ。だから 戦争はやめよう、基地はいらない。
足りないのは、あと少しの想像力。イラクやアフガニスタンで、パレスチナで、亡くなった人々の周りの気持ち。
周りの人々のきもち。悲しくないわけがない。怒りがわいてこないわけがない。

 もう一度 問いかけます。辺野古の若者たちの「命を守るたたかい」にあなたは何を思いますか。 
 私たちは、辺野古で闘う若者たちの友人・知人・家族として、彼らの生活を支えるためのカンパを訴えます。
彼らが心置きなく行動するためには、1人・1ヶ月の生活資金・5万円ぐらいかかります。5万円×5〜6人を毎月作りたいと思っています。

 東京の「街」では、できるだけ多く地域の人たちが参加してくれるために「100円カンパ」を始めました。
 家族会も結成されました。

 ご協力をよろしくお願いいたします。
 太田武二(命どぅ宝ネットワーク)、ヨッシー(友人)、佐竹周一(友人)、中馬由紀子(友人)、中野高(友人)、富田直子・剛・翔子(家族会)、赤羽則子(家族会代表)、ハネやん(家族会)、末木(家族会)、
1/15 現在
郵便局 10020−84023361
赤羽 則子