×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジュゴンの家・日誌
「ジュゴンの家」の賛助会員、募集中
「ジュゴンの家」は沖縄・名護にあるリサイクルショップです!!お店を開けつつ、「基地建設をとめたい!!」という思いで、日々行動しています。
「ジュゴンの家」では「ジュゴンの家」を支えてくださる賛助会員を募集しています。
「力になろう!」という皆さま!!
ぜひ、賛助会員になってください!!よろしくお願いします!
会員申し込みは・・・FAXまたはメールでお知らせください。
  住    所 沖縄県名護市城2-13-2
  電話&FAX 0980−54−2948 
   e−mail   dugonghouse_in_okinawa@yahoo.co.jp
会費・・・月1000円、年10.000円となります
同基金への協力は 
●琉球銀行 普通口座 名護支店
 口 座 番 号   23−130
 口 座 名  西 陽子 まで

よろしくお願いいたします
  じゅごんの家へのメールはコチラ!!→→ 

5月Eへ 日誌indexに戻る 5月Gへ

5月F

※辺野古への行き方をご案内します。

  辺野古には、那覇と名護より77番の
バスで来ることができます。
詳しくはhttp://www.rosenbus.com/から路線バスの沖縄バス、 77系統名護東(辺野古)線をご覧下さい。
 辺野古バス停で下りたら、海の方まで川沿いに歩いてください。 漁港前の防風林を越えて防波堤に出たところが座り込みのためのテントです。 途中、命を守る会への案内看板もあります。そちらからでもテント村に行けます。

 
車、レンタカーでいらっしゃる方は、沖縄自動車道「宜野座インター」 を出て左、国道329号線を北上し10数分、「久志(北)」の交差点を左折、久辺中学の横を通り、坂の下の給油所「辺野古(西)」を 右折、川沿いに海に向かいます。
 辺野古漁港は立ち入れませんので、手前に駐車して漁港入り口までおいで下さい。テント村の場所は漁港入り 口向かって右側、防風林の向こう側、防波堤の上です。

☆飛び入り大歓迎!!
     一緒にビラまきをしたい人を募集しています。

☆作戦決行日:毎週土曜(雨天中止)
      14:
30 じゅごんの家集合!!(名護市城2−13−2)
      15:00 為又・
「洋服の青山」前で街宣開始!


5月17日(木)

深夜にも辺野古漁港内作業ヤード建設?!
辺野古漁港内作業ヤード建設に最大警戒!

 政府は完全に私達への消耗戦・神経戦を行っています。

 自衛隊艦船「ぶんご」は辺野古上空にヘリを飛来させ、その存在を見せ付け続けています。ホワイトビーチ(米軍港)に自衛隊の補給艦・護衛艦を待機させています。作業ヤード建設は命を守る会・テント村を破壊するために強行されようとしています。米軍再編法の成立を進ませ、名護市民・沖縄県民への重圧を強めています。

 しかし、これは全て政府が二度、私達に敗北したことで行われているのです。ここまでやらなければ辺野古新基地建設は一歩も前に進まないと考えているのです。

 

防衛省・政府は自衛隊の介入に関して「ないこともない」「調査事態の着手もありえる」「警備はしない(自衛隊法のなか、解釈しだいでありえる)」と世論の高まりを抑えるためにお茶をにごしています。

 しかし、見間違えてはいけません。自衛隊艦船が辺野古沖合いに向けて横須賀基地から出航したことは見まごう事なき事実です。この瞬間に大戦後60年間の歴史は塗り替えられたのです。

 この暴挙に対して、全国から次々に声があがっています。しかし、この歴史的大転換に沖縄以外の新聞各紙は意図的にほとんどの報道をせずにいます。

 もっともっと多くの声が各所で上がらなければなりません。小さな泣き声では多くの人達に伝わりません。世界を揺さぶる叫び声が今こそ必要です。

 政府がこの10年間、沖縄で、名護市で何をしてきたのか!辺野古のおじぃやおばぁへの圧力を強め、たくさんの人達が仕事場で追い込まれ「反対」をはっきりと言えず、自殺をした人さえいる!

 本当に冗談じゃない!!怒りが体から溢れそうになります。これ以上、辺野古のおじぃやおばぁに何をさせるつもりだ!俺たち若い世代が辺野古で政府には何もさせない!どんな消耗戦だろうが、ここにいる人間達は世界にいる仲間たちは折れやしない!

 

 現場ではギリギリと首の縄を締め上げるような緊張感があります。しかし、私達は全国の仲間たちを心から信じ、現場での闘いを続けています。

 辺野古の闘いは辺野古で闘う、辺野古と共に闘う全世界の仲間たちの繋がりこそが基地建設を阻んできました。

政府はこの仲間たちへの圧力と分断を強めています。しかし、そんなことではもう全国の広がりと闘いは止められない。私達は自信を持って闘いを続けましょう!

 

04年の9・9(海上)の闘いが始まったとき、私は言いすぎと思うほどに感情に任せて全国への結集を呼びかけました。

文章も読み返してみると未熟で、傲慢です。真摯に反省する部分が多々ありました。しかし、反省は受け止めながらもあの必死さこそが今、必要だと考えています。

初めに立ち返り、闘わなければ進めない!

私はもう一度、全国の皆様に訴えます!!

 

自衛隊の介入によって日本・世界の歴史が変わった!

辺野古のおじぃやおばぁ達は10年間の闘いを超え、傷を負いながらも闘い抜いてきました。今日もまた命を賭けて闘いを続けています!

私は04年「これ以上おばぁ、おじぃにやらせるのか、それとも私達がやるのか!今、立ち上がらなければいつ立ち上がるのか!」といいました。

もう一度、辺野古の闘いに繋がっている全ての人々に伝えてください!

命を守る会のおばぁ達と共に辺野古にたってください!私達なら政府の支配の鎖を断てるはずです!

この3年間、政府の圧力によって多くの血が流れてきました。しかし、おばぁ、おじぃと共に私たちは「命を守る会」の旗を守り続けてきました。

「子や孫のために」一本のクイも打たせてはいません!

私達、若いものはこの時代を生きる権利がある!子供に次代を繋ぐ権利がある!辺野古基地建設はその全てを破壊する!

生命に関することは一歩も譲れない!だからこそ海上で、陸上で私達は闘い、思いを人へと繋いできました!

この7年間、辺野古で生きて闘い、自分のすべてを賭けてきました。もし出来うるなら、この7年間に辺野古で、全国で出会ってきた人達すべてに伝えたいのです!私達と共に辺野古に立って欲しいと!

 

私は9月に子供が生まれます。

フッと嫌なことも思います。「拘置所で会うことになるのかなぁ、生まれる場所に立ち会いたい」と。でも、一緒に育てくれる人がここにはたくさんいる、なんて幸せなヤツが生まれてくるのだろうとも思います。

それを思うだけで自然と涙が溢れてきます。不安なのか希望なのか、すべてが入り混じった思いからだと思います。

皆さん、政府が私達から奪っているものは本当に人間として生きたいという思い、そして人としての幸福をも奪っています。だからこそ、闘って勝ち取らなければいけない。生まれてくる子供のために。私はやっとおばぁ達の言う「子のため、孫のために闘う」ことを実感しています。

 

なんとしてもこの時代を生き抜いてみせる!歴史的な大舞台を引き受けてみせる!

祐治さんが私に繋いだ思いは魂に刻まれている!

絶対に負けない。絶対に。

 

生命のある限り、闘う!どうか辺野古に結集してください!基地建設を阻止すること。それこそこの時代の希望なのです!

これ以上、職場でも、地域でも、イラクでも殺させない!

全国から、全世界から戦争を阻止するために結集してください!!

すべての人々の平等と自由を作り出すために、未来のために、生きるために。



5月17日(木) 座り込み1124日目

ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!

2007年05月17日

午前9時現在

f7fb76ab.jpg動きはありません。
一度、海上に出て待機していましたが、雷雲の接近により、今は陸に上がって待機しています。空からは戦闘機の轟音、シュワブのほうからはバンバンバンという射撃訓練の音が聞こえてきます。

おはようございます

416345d2.jpg朝早くから集まっています。今日は曇っていて、雨模様です。

2007年05月17日

5/17朝

今日も早くから座り込みの方々が辺野古に集まっています。昨日様々なニュースが飛び交いましたが、辺野古の現場では変わることのない準備が整えられています。

辺野古に大量動員の人員を差し向けて来るということは、国もそれだけ重要視しているということです。日本が平和への道をたどるのか、外も混乱の戦時下に突入するのか、辺野古はまさしくその岐路にあたる最前線です。

皆さんの注目と支援が必要です。辺野古の海に出る人員も足りません。辺野古へ駆けつけてください。




5月16日(水)A
座り込み1123日目。〜今日は作業ナシ。明日強行か!?辺野古に集まってください!!
↑午前4時。写真に撮っても何もうつりません。 早朝から続々と座り込みに人々が集まってきます。 漁港入り口で機動隊が来ないかを見張ります。
道端に生えていた草。Kさんがこの草には神話があると教えてくれました。

”山と海が領土争いをしているとき、山は海辺を支配するためにこの草を生やしました。海はそれに怒り台風を作った” と言う話しです。
海は少し風が強いです。 辺野古を映像で撮り続けてきた大島監督。この日もしっかりとカメラを持って登場! 闘う団塊の世代!と言ったらお二人は苦笑い。
カヌー隊が集まってミーティング。原則と戦術を確認。 海に動きがないようなのでとりあえず陸上待機。海上行動隊は続々と増えていますが、まだまだ人手が必要です!ぜひとも参加を! 知花昌一さんが駆けつけています!現状を説明しています。
熟女シスターズ!?小おばぁ、大おばぁ!?本当にお疲れ様です。 海自のCH−53Eが飛来。岩国基地所属で現在那覇空港にいる。「ぶんご」に搭載されてきたのかもしれません。偵察のために辺野古上空に飛来しました。 こちらは陸自のCH−47中型輸送ヘリ。自衛隊が次々に飛来しています!
午前中、小集会が開かれています。
テント村には合計で200人前後が結集しています。
安次富さんが「掃海船ぶんご」介入に対し、痛烈に批判しています。
「軍隊が住民にキバを向けた暴挙!このことを許せば全国民に対して同様のことが行われる。絶対に許されない!私達は一歩も退かない。」
真剣に聞き入る参加者。
午前4時からの結集で疲れた顔をしている夏芽さん。無理もありません。 平和市民連からも発言。 嘉手納基地包囲行動のときに作られた横断幕。
違法な「事前調査」に海自艦投入=琉球処分 いつでも闘えるように常に阻止船が海上では待機。
安次富さんが「夏芽さん!発言してください!」と言うと・・ 走ってきました! バトンタッチ!
陸上でも基地建設を阻止するためにあらゆる方法で行動しなければなりません!海上で私達は常に議論し、その中で闘ってきました。陸上でも徹底的な議論をし、色々なアイディアで基地建設を阻止しましょう。 当山村長。
「この事前調査は完全なアセス法違反。ところがこのことをメディアは伝えていない。自衛艦船の投入と並びに世論を高めていきましょう!」
今日、海上で闘うために駆けつけた沖縄県議団。
「私達はバッジをつけた立場ですが、私達も海・陸で闘います!」
シュプレヒコール!!「ヨーシ!」 平和センター事務局長・山城ひろじさん。熱く熱く今日も天に拳を振り上げています! 「基地建設絶対阻止!!」
「事前調査を今すぐやめろ!」
「自衛艦船の投入阻止!!」
辺野古区中に怒りの声が響き渡ります!
海上で助けを求めている船がいたので助けに行きます。 朝からずぅーと働きっぱなしの皆さん。小休止。 アセロラの差し入れがありました。
こちらは取材ヘリ。 まよなかしんやさんが激励も込めて歌います!
やっとお弁当ターイム!!
今日、調査はなく、夕方には明日に備えるために撤収しました。

写真は撮るのを忘れてしまいましたが午後には命を守る会のおばぁ達も多数来て座り込みをしています!!






5月16日(水)
調査機器あす設置 海自艦も作業支援 琉球新報 (5/16 9:41)
 那覇防衛施設局は17日から、米軍普天間飛行場移設先の環境現況調査(事前調査)で調査機器の設置を始める。これにあわせて海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」(5、700トン)が沖縄近海に入ったもようで、同艦の潜水士らも設置作業を援助する予定だ。

 辺野古への新基地建設反対派は自衛隊動員に激しく反発し、座り込みなどの結集を広く呼び掛けており、海上での混乱も予想される。

 自衛隊動員について仲井真弘多知事は「何のために来るのか分からない」と不快感をあらわにした上で「自衛隊は(沖縄が復帰して)35年間やってきたことがどうなるのか」と述べ、自衛官が出動する事態で自衛隊への県民感情への影響を懸念した。

 自衛隊投入について政府は公式には否定も肯定もしない立場で、言及を避け続けている。作業支援のためとされるが、自衛隊投入を誇示することで反対派の動揺を誘う狙いもあるものとみられる。
 関係者によると、海自の潜水士は海底への調査機器設置作業を手助けする。
 施設局は機器の設置を急いでおり、海中作業に必要な潜水士免許を持つ専門作業員を確保したい意向も海自動員の背景にあるようだ。
ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!

午後3時現在

1e95d8d1.jpg動きはありません。
状況を見ながらカヌー練習をする人もいます。そして、漁港への資材置場設置を阻止する座り込みを継続しています。

午後1時45分現在

動きはありません。

午後12時現在

35205080.jpg動きはありません。
テント前で弁当を食べています。この事態に駆け付けてきた人たちもいて、テント村は活気づいています。みんなで基地建設を止めましょう。

午前10時半現在

c7f501f4.jpg動きはありません。
テントには駆け付けてきた人たちやカヌーの人たちも待機、座り込みしています。

座り込み1123日目
今朝のテント村。 朝から多くの人が集まっています。 平和センターの山城さん。自衛隊の派遣は
沖縄戦で亡くなった方々への冒涜です!
その後、安次富さんが現状報告
していると...
ついに来た!!!
機体にはしっかりと日の丸。
海上自衛隊のヘリです!!
こちらの様子を伺うように、2機、ぐるぐると
上空を旋回して帰っていきました。偵察に
来たようです。ついに動きだした!
浜辺でみんなに呼びかける夏芽さん。 とにかく人手がいる。「私は何もできない」
ではなく、海上行動でやってきたように、
逆に自分の弱さを武器にして何が
できるのか、真剣に考えてほしい。
海のことは私達カヌー隊が頑張ります。
陸でできることは、みなさんにお任せします。
情報発信、抗議、とにかくみんなの知恵を
集めてください!
名護市が、施設局の漁港内での
作業場の設置を許可したことが、
わかりました。
県議会議員の方達も駆けつけています。 こんな環境アセスは違法だ!
カヌー隊頑張れ!マスコミしっかりしろ!
自衛隊が動きだしたこと、絶対に
許せません。
みんなで怒りのシュプレヒコール! 「市民に銃を向けるなー!」
「調査強行絶対にとめるぞー!」
具体的な動きが今のところまだ
見えていませんが、自衛隊は確実に
動きだしています。

確かなのは、このことは重大な憲法違反
だということ。
武力行使を国民に向かって行うなど
言語同断です!

全国のみなさん、
夏芽さんが言ったように、「陸でできること」、
考えて、実行してください。

まずは、怒りの声を防衛省へ!
03−3268−3111

ただし、言葉の暴力は控えてください。


また、このことは本土ではほとんど
報道されていません。

メディア各局へのアピールをお願い
します。

辺野古への掃海母艦!

ぶんご

 これが横須賀から辺野古に向かって出た掃海母艦「ぶんご」だ!

ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!

午前9時現在

4f48a7e8.jpg動きはありません。
座り込みテントに集まっています。テント村代表者たちの話が続いています。

午前8時現在

a9d0702c.jpg漁港内、海上ともに動きはありません。
人が足りません。辺野古に集まってください。

おはようございます

570fe6e1.jpg朝早くから集まっています。昨日の新聞によると、辺野古漁港への資材置き場の設置も予想され、辺野古は朝から緊迫しています。


5月Eへ 日誌indexに戻る 5月Gへ



参加者募集!!!
基地建設阻止行動およびテントで座り込みする人が必要です!!!
少ない時間でも、行動できる人は集まってください!!
あなたが行動することで現場の状況は変わる・・・・!!
どうか、よろしくお願いします!!
辺野古に来てください!!!
基地建設阻止行動のための緊急カンパのお願い!!
 辺野古では日米政府が「沿岸案」を合意し、座り込みはまだまだ続いています。。今後も基地建設を止めるには多大な資金が必要になると予想されます。全国の皆さんにカンパをお願いしたいと思います。皆さん応援をよろしくお願いします!!

 カンパを振り込まれる際は、下記の口座にお願いします。(このカンパのお願いは「ジュゴンの家」が、「命を守る会」を応援する気持ちで独自でやっています。振り込まれたお金は、辺野古での基地建設阻止行動のために使われます。)
●郵便局 17040−14225611  西 陽子 

 沖縄・名護・辺野古の美しい海を埋め立て作ろうとしている新しい軍事基地建設を止めさせるために、おばぁたちが座り込みをはじめてから8年と600日以上。その怒りを正面からうけとめもせずに国は、ムリヤリ、かなりボーリョク的に着手し、調査のために建てられた5コのやぐらは、すでに海中のサンゴをふみくだいている。日本の各地で、世界で、この基地を作ることに対し、抗議の声がうずまいているとゆーのに。

 今、辺野古では、陸上での座り込み、海上・海底でのカヌーや船を使った阻止行動がつづけられており、那覇、大阪、京都、名古屋、東京では座り込みなどで辺野古のことを訴える活動が広まっている。これらを通じて辺野古を知り、これをじぶんの問題として重くうけとめた若者たちが辺野古にあつまり「カヌー隊」として活躍しはじめているところだ。

 弟のシュウは、船の免許をとり、「阻止船」を操縦している。巨大な作業船が辺野古に現れた日、通らせまいと、台船の進路に立ちはだかったが、台船は停まらず、シュウの船は何十倍もの大きさのその船に突撃、間一髪転ぷくはまぬがれたという。数年まえまでいわゆる「不登校」だった弟は、幸運なきっかけを得て、沖縄に行き、沖縄のかかえる問題を知り、辺野古のおばぁ達に出会った。おばぁ達に、学校では教えてくれないいくつものことをおそわり、「戦(いくさ)やならん、命どぅ宝(ぬちどぅたから)」とおそわった。これ以上、おばぁたちに、基地を苦しみを座り込むことをおしつけたくない、たった1人になってもここに立って止めよう、命をはってでも、と決めた。しかし、台船にぶつかる瞬間、シュウの頭をよぎったのは「かならず、生きぬいて帰ってきなさい、なにがあっても」という、おばぁのコトバと、大切な人たちの顔の走馬灯。死ぬわけにはいかない。なにがあっても生きていること、それ以上に価値あるものはない。おばぁの言葉の意味すること。弟の死がもたらす悲しみは、おばぁたちをも殺しかねないのだ。

 恋人のユウスケは、カヌー隊で、海上でのすわりこみをするため、名護でくらしている。ある日、仕事をやめ、彼は「辺野古に行こうと思う」と言った。それは、唐突ではあるがまるで必然のようだった。生活=お金のための生活をやめて、イメージに近いほうを選ぼうとしていたユウスケ。辺野古のことは知っていた。基地ができれば、もちろん自然はこわされ、それ以上に人がたくさん死ぬ。ねがいは、ただ、「幸せになること」。だからこそ、目の前に見えている脅威を見てみぬふりをして自分を偽ることはできない。ほんとうに幸せになりたいから、止めに行く。それが、ユウスケのイメージだ。ものすごくシンプルに、「好きな人を失いたくない、悲しませたくない」から、この不穏な世の中の流れを止めるために動く、その中でいま1番焦点になっているのが辺野古だったのである。

 カズマサ君は、仕事をやめてから、地元・名古屋と辺野古を行き来し、名古屋では街頭アピールなどで広め、辺野古では、はげしく船酔いしながらも必死で阻止行動をしている。

 サチコは施設局側の作業員との攻防で1度、指を3cmきり、流血したが、今日も笑顔で海に出て行き、カヌーをこいでいる。

 彼らは全員20歳代だ。若いからと言って失うものがないわけではない。仕事も、恋人もギセイにしてきている。
家族や友人の理解が必ずしも得られるわけではない。経済基盤も保障ももちろんない。
彼らはなにも好き好んで「たたかい」に来ているのではない。それぞれの意志で来ているのは確かだが、闘いたくて
闘っているわけではないのだ。ほんとうなら、好きな人と好きな場所で心おだやかに暮らしたい。
世の中が本当に平和なら、やりたいことは他にもっとある。
 それでもかれらが辺野古に来るのはなぜか。
 どうしても、今止めなければならないから。
 人の命をなんとも思わない人々がゆるせないから。
 命が大切と言うことだけは、どーしてもゆずれないから。

 私自身は東京で店を持ち、そこから発信していくために東京でやることに決めたため、辺野古には行けない。
先日も顔を蹴られるなどの暴行をカヌー隊メンバーが作業員から暴行を受けたとの報道があった。
東京で、はなれた場所でそのようなニュースを耳にすると、怒りとかやりきれなさが体中をうずまいて
いてもたってもいられない気持ちになります。今すぐにでも辺野古に行きたい。
 ケガさせられたり、あるは殺されたり、捕まったり。自分の大切な人がそんな目に、いつ合わされるか分からない状況
の中で、日常をおくらなければならないのが辛い。はなれていて手と足もだせない、叫んでも届かないのが辛い。
 ものすごく個人的な話ではある。
でも、自分の大切な人のいのちが大切なのは、誰でもあてはまるはずである。
自分の周りの人を大切に思うことと、戦争をなくそうと思うことは同じことだ。
大切な人が死んだらイヤだ。だから 戦争はやめよう、基地はいらない。
足りないのは、あと少しの想像力。イラクやアフガニスタンで、パレスチナで、亡くなった人々の周りの気持ち。
周りの人々のきもち。悲しくないわけがない。怒りがわいてこないわけがない。

 もう一度 問いかけます。辺野古の若者たちの「命を守るたたかい」にあなたは何を思いますか。 
 私たちは、辺野古で闘う若者たちの友人・知人・家族として、彼らの生活を支えるためのカンパを訴えます。
彼らが心置きなく行動するためには、1人・1ヶ月の生活資金・5万円ぐらいかかります。5万円×5〜6人を毎月作りたいと思っています。

 東京の「街」では、できるだけ多く地域の人たちが参加してくれるために「100円カンパ」を始めました。
 家族会も結成されました。

 ご協力をよろしくお願いいたします。
 太田武二(命どぅ宝ネットワーク)、ヨッシー(友人)、佐竹周一(友人)、中馬由紀子(友人)、中野高(友人)、富田直子・剛・翔子(家族会)、赤羽則子(家族会代表)、ハネやん(家族会)、末木(家族会)、
1/15 現在
郵便局 10020−84023361
赤羽 則子