×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジュゴンの家・日誌
「ジュゴンの家」の賛助会員、募集中
「ジュゴンの家」は沖縄・名護にあるリサイクルショップです!!お店を開けつつ、「基地建設をとめたい!!」という思いで、日々行動しています。
「ジュゴンの家」では「ジュゴンの家」を支えてくださる賛助会員を募集しています。
「力になろう!」という皆さま!!
ぜひ、賛助会員になってください!!よろしくお願いします!
会員申し込みは・・・FAXまたはメールでお知らせください。
  住    所 沖縄県名護市城2-13-2
  電話&FAX 0980−54−2948 
   e−mail   dugonghouse_in_okinawa@yahoo.co.jp
会費・・・月1000円、年10.000円となります
同基金への協力は 
●琉球銀行 普通口座 名護支店
 口 座 番 号   23−130
 口 座 名  西 陽子 まで

よろしくお願いいたします
  じゅごんの家へのメールはコチラ!!→→ 



2月Bへ 日誌indexに戻る 2月Dへ



2月C


参加者募集!!!
基地建設阻止行動およびテントで座り込みする人が必要です!!!
少ない時間でも、行動できる人は集まってください!!
あなたが行動することで現場の状況は変わる・・・・!!
どうか、よろしくお願いします!!
辺野古に来てください!!!
基地建設阻止行動のための緊急カンパのお願い!!
 辺野古では日米政府が「沿岸案」を合意し、座り込みはまだまだ続いています。。今後も基地建設を止めるには多大な資金が必要になると予想されます。全国の皆さんにカンパをお願いしたいと思います。皆さん応援をよろしくお願いします!!

 カンパを振り込まれる際は、下記の口座にお願いします。(このカンパのお願いは「ジュゴンの家」が、「命を守る会」を応援する気持ちで独自でやっています。振り込まれたお金は、辺野古での基地建設阻止行動のために使われます。)
●郵便局 17040−14225611  西 陽子 

「名護街宣大作戦!」のお知らせ

 名護市民は辺野古に注目しています。でも、なかなか現場に来ることができない、きっかけがつかめないという人達のために、辺野古の現場でおこっていること、今、名護市の全体の力が必要だということ伝えに名護市街へ出て行きませんか?


                        

☆飛び入り大歓迎!!

     一緒にビラまきをしたい人を募集しています。

 私たちは毎週土曜日、海上行動隊、海人のマイクアピールや
 ビラまき、写真の展示などを行います。皆さんもぜひご一緒に
 参加してください!!


☆作戦決行日:毎週土曜(雨天中止)
      14:
30 じゅごんの家集合!!(名護市城2−13−2)
      15:00 為又・
「洋服の青山」前で街宣開始!
      

2月16日(金)
座り込み1034日目。
座り込み1034日目です。晴れてますー♪ テントにはたくさんの来訪者があります。 平良修さんが学生達に語りかけます。
「皆さんには闘う、闘える権利がある。これからはあなた達の時代だ。その権利を最大限使い行動してほしい。」
学生達からは
「この海に基地建設計画があるなんて信じられない。」
「自分達の地域で出来ることから始めて行きたい。」
「まだよくわかっていない所はたくさんありますが、この基地建設は絶対におかしい。自分達の手で止めたい。」
と話してくれました。
コラっ!COCCOゴミあさっちゃダメ! 白井さんもらったほら貝を洗っています。
映子さんも話しました。
「これから起ころうとしていること。戦争に向かう状況を感じ取って欲しい。一緒に行動しましょう。」
天気が良いので草原がキレイ・・。 大混雑。
←次々に人が来ます。この間は本当に若い人ばかりが膨大に来ます。

→座り込みをしてきた経緯。辺野古のおじぃ、おばぁ達の行動の力強さ、素晴しさを語っています。

・この後もたくさんの人達が来訪しました。目が回る忙しさです。
★辺野古の浜辺で「カムイノミ」・アイヌ民族の祈りの儀式。
辺野古の浜辺で土地・火・水の神、危険を避けるための神、海の神に祈りを捧げました。 アイヌ民族の旗。 祈りの用意が行われています。
三つの立っている棒は神のいる東側に立てられています。 果実酒を一人一人注いでいきます。
これも左側から、2回づつ注ぎます。
この長い木は祈りようの箸です。
カヨウのおじぃにも。 両手をあわせて祈りを捧げます。 神木に三回酒を捧げます。
川村シンリツエオリパックアイヌさん。祈りのために辺野古まで来られました。自然の神々に深く一礼しています。 アイヌ語で神への言葉を読みます。
夕日がおちてきました。とってもキレイです。
そして神様にもお酒を捧げます。
自然の神への言葉を捧げます。 次は女性の神木にも祈りを捧げます。
←祈りを終えて、しんやさんが語ります。「アイヌ、ウチナー、この国は決して単一民族などではないのです。私達は民族の自決権をしっかりと確立したい。北から、南からこの国を変えよう!」

→川村シンリツエオリパックアイヌさんも深く聞いています。
バックの海がとてもキレイですね・・。

琉球新報

県、アセス審査拒否も 行政訴訟も覚悟 普天間代替

環境影響評価方法書の手続き

 名護市キャンプ・シュワブ沿岸部への普天間飛行場代替施設建設に伴う環境影響評価(アセスメント)に関連し、防衛省が県の同意のないままアセス方法書の送付を強行した場合、県が知事意見の取りまとめに向けた審査を行わない考えのあることを防衛省に伝えていたことが15日までに分かった。従来よりも態度を硬化させた格好だ。防衛省は15日、県に対し早急に方法書を送付したい考えをあらためて伝えたが、県は従来の姿勢を崩さず話し合いは平行線をたどった。
 県は、方法書が送付されれば、手続き上、受け取りは拒否できないとの認識だ。環境アセスの方法を選定するまでに知事は、方法書の送付を受けた後、住民意見の概要書を踏まえて、県環境影響評価審査会から答申を受けて意見を出すことになっているが、合意のないまま方法書が送付されれば、審査会への諮問見送りも視野に入れている。
 アセス手続きで県が審査せず知事意見も出さない事態に至った場合、県は防衛省から「不作為」を理由に行政訴訟を起こされる可能性もあるが、県はこの訴訟も覚悟の上で対応する構えだ。
 防衛省の門間大吉会計課長が15日、県庁で仲里全輝副知事、府本禮司基地防災統括監と面談し、早期に普天間代替施設のアセス手続きに着手したい意向を説明した。だが仲里副知事はあくまで地元の理解を得た上でアセスに入るべきだとの従来の認識を繰り返した。
 普天間代替施設の環境アセスについて、防衛省は従来、サンゴの産卵期からの観察が必要だとして6月にも調査に入りたいと説明してきた。そのためアセス方法選定に要する期間を逆算して、3月ごろまでには方法書を送付したい意向を県に伝えてきた。

(2/16 10:05)

名護市、沖合移動を主張 防衛省「政府案騒音小さい」

 【名護】米軍普天間飛行場の移設問題で、移設先の名護市の島袋吉和市長は16日午前、防衛施設庁の渡部厚施設部長、防衛省の金沢博範防衛政策局次長らと名護市役所内で会談した。キャンプ・シュワブ沿岸部に建設する代替施設について島袋市長は、危険性や騒音被害の軽減を図る観点から沖合への修正をあらためて主張。防衛省側は、沖合に移動させるより現行の政府案の方が辺野古集落への騒音は小さいなどと説明。修正は困難との認識を示し、議論は平行線をたどった。米軍再編交付金や環境影響評価(アセスメント)は議題にならなかったという。
 島袋市長は、政府と名護市が交わした昨年4月の代替施設建設に関する基本合意について「V字形滑走路案はあくまでも飛行ルートが陸域を避けることの確認だ」と指摘、滑走路の位置や長さなどは今後の協議事項との認識を重ねて強調した。
 名護市の修正案については「危険性や航空機騒音の軽減を図る観点から至極当然であり、地元辺野古からの要望でもある」と説明。名護市議会も1月末の臨時議会で、沖合移動を求める意見書を可決している、とした。
 防衛省側は2001年に移設予定地で実施したヘリコプターの試験飛行の騒音データを示して説明。現行政府案は、辺野古集落への騒音の影響が少なく、修正案では、藻場やサンゴなど自然環境への影響が大きくなるとの認識を示し、修正は困難との考えを伝えた。
 会談後、島袋市長は「地元の意向を踏まえ、なるべく沖合に出してもらいたいという立場は一貫して変わらない。騒音については協議会の中で協議していきたい」と述べ、政府案を拒否する姿勢を重ねて強調した。渡部部長は「地元の考えを踏まえた上で日米間で合意した政府案の修正は難しいと申し上げた」と述べた。
 名護市側は島袋市長、末松文信助役、玉城政光政策推進部長、政府側は渡部施設部長、金沢次長、佐藤勉那覇防衛施設局長らが出席した。

(2/16 16:01)


沖縄タイムス
民間に銃口 抗議決議へ/宜野座村議会
 【宜野座】複数の米海兵隊員が宜野座村内の民間地で銃を構えるなどしたことを受け、同村議会は十五日、米軍基地関係対策調査特別委員会(當眞淳委員長)を開き、十九日の臨時議会に抗議決議案を提出することを決めた。全会一致で可決する見通し。同日中に、議員団が那覇防衛施設局や在沖米軍四軍調整官を訪ね、抗議する予定だ。

 決議案は、武装米兵が住宅近くまで入り込んだり、国道329号に向け銃口を構えたりしたことに強く抗議、再発防止の徹底を求める。名護市側のキャンプ・シュワブ訓練水域で行われたパラシュート降下訓練についても、同じ水域を抱えることから、反対する。

 當眞委員長は「民間地での訓練は許されない。パラシュート訓練も伊江島だけで実施すべきというのがこちらの認識であり、宜野座村の水域でやるようなことになれば問題だ」と話した。

 東肇村長は十五日、議会と歩調を合わせて抗議する意向を示した。

名護市議会が抗議決議/シュワブ降下
 【名護】名護市の米軍キャンプ・シュワブ訓練水域の大浦湾で七年二カ月ぶりに行われた在沖米海兵隊のパラシュート降下訓練について、名護市議会(島袋権勇議長)は十六日午前、臨時議会を開き、同水域で訓練を行わないよう求める抗議決議案と意見書案を全会一致で可決した。議員団は可決後、外務省沖縄事務所や那覇防衛施設局、米軍など日米両国の関係機関へ要請行動に向かった。

 決議は「地域住民の生命と財産を守るという立場から、今回の訓練に強く抗議する」と表明。その上で、「同海域において今後一切パラシュート降下訓練を行わないよう強く要求する」とした。

 米軍が今年に入り、津堅島訓練水域や嘉手納基地で相次いでパラシュート訓練を行ったほか、伊江島では民間地へのミス降下があったことを指摘。一九九九年には同海域で米兵の死亡事故があった経緯にも触れ、「訓練による事故の危険性を否定できない」と厳しく批判した。

 決議のあて先は在沖米四軍調整官、在沖米国総領事、県議会議長。

F22 あす2機飛来/嘉手納基地
 【嘉手納】那覇防衛施設局は十六日午前、米空軍嘉手納基地に一時配備予定の最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプターについて、「二機が十七日の日中に飛来する」と、嘉手納町や北谷町に通知した。嘉手納町によると、「残る十機の飛来は未定」という。

 米空軍は当初、十日の飛来を予定していたが、「天候不良」を理由に延期。十一日は米ハワイ州ヒッカム空軍基地から九機が離陸したが、うち六機で「ナビゲーション(方向誘導)システムに影響するソフトウエアに不具合が見つかった」として、再度中止した。

 一時配備されるF22は、米バージニア州ラングレー空軍基地第二七戦闘中隊に所属し、操縦士を含む要員約二百五十人も同行する。配備期間は、二月から三カ月程度という。





2月15日(木)
座り込み1033日目。
★辺野古はイラク攻撃前夜と同じ状況!米軍演習が空、海、陸で激化!!
★山内徳信さん参院選挙激励会。
★じゅごんの日コンサート。
座り込み1033日目です。ひさぼうさん、なんか悩ましげに座ってます。 辺野古上空では「中型輸送機CH−46シーナイト」と思われる機体が次々と飛来。 キャンプ・シュワブへの離発着を繰り返しています。
テント村は名護の人達や南部から来た人達でいっぱい。 浜辺では米軍の水陸両用戦車が8台待機しています。 全員が完全武装。
★辺野古はイラク攻撃前夜と同じ状況!米軍演習が空、海、陸で激化!!
一昨日、カタバルでの上陸演習時に県道に向けて銃口を向けて非難ゴウゴウなのに懲りずにまた銃口を民間地域に向けています。絶対に許せない。 山の中の茂みにたくさんの米兵が隠れています。大規模な演習が空、海、陸で行われています。
銃を持って警戒している米兵以外はゴロゴロと日向ぼっこして休んでいます。 報道のマスコミもこの辺野古の状況に非常に関心を持っています。 たくさんの米兵が浜辺に出ています。指令待ちなのか休んでいる米兵が多いです。
辺野古のおばぁ達が集まってきました。 にぎやかなテント。 おばぁ達がゆんたくしています。
見ていないおばぁもいたので。
えびちゃんが辺野古のおじぃ、おばぁの言葉をもとにして作詞・作曲した「こころのつえ」を保育園児達と一緒に歌っているDVDの上映会を行いました!
★山内徳信さん参院選挙激励会。
午後3時、今度の参議院選挙に出馬する山内徳信さんがやってきました。 おばぁ達にあいさつ。 徳信さんとカヨウのおじぃ。
徳信さんから出馬にあたっての決意や経緯、思いなどを聞きました。 聞き入るおばぁ達。 おじぃにも熱心に説明。
台所ではおばぁが作ってきてくれたソーミンチャンプルーをみんなで小分けしてます。 浜辺では晋君が徳島、大阪から来た大学生に辺野古の現状を話します。 米軍が演習をしている現状の説明。この演習がアジア地域・中東地域での虐殺に繋がっている、絶対に止めなければならない。一緒に行動して欲しいと訴えています。
それにしても説明している図がすごい風景。 熱っぽく語る晋君。
そうこうしていると水陸両用戦車が動き出しました。 浜辺にいる人達で声を挙げます!
「STOP THIS TRAINING!!」
「DONT KILL IRAQ PEAPLE!!」
「We are very angry!! DO YOU UNDERSTAND??」
↑スペルが間違っていると思います。すみません。
沖合にホイットビー・アイランド級、強襲揚陸艦(ドック型揚陸艦)が来ています。
米軍は近々韓国軍との大規模な合同演習に入る模様。そのために水陸両用戦車を海外に持っていくようです。
こんなことは絶対にやめさせなければなりません!
テント村ではまよなか★しんやさんの特別ライブ!!
「今日はジュゴンの日です!!皆さん一緒に歌ってください!!」としんやさん。ノリノリです!
「ジュゴンの海に基地はいらなーい♪」
山内さんの話が続いています。 「参議院選挙絶対に勝利するぞー!」
おばぁ達の決意の拳!
拍手ー!
山内さん学生達に辺野古海上基地建設を阻止しなければならないと訴えています。
元読谷村長である山内さん。その時の闘いも語りました!
「私は議員のバッジをつけて必ずこの辺野古の現場に駆けつける!!先頭に立って共に闘う!!」と宣言!
カッコイイ!!全国から山内さんを応援してください!!
カヨウのおじぃもその言葉を重く・強く受け止めているようでした。
カヨウのおじぃ・祐治さんに学生達から質問が相次ぎました。 この間にあった戦闘機配備反対集会やパラシュート降下訓練海上抗議行動に参加した感想などをゆんたくするおばぁ達。 みんなで記念撮影。
じゅごんの日コンサート。
毎月15日は「じゅごんの日♪」。 今回でなんと77回目です!! 「辺野古のおばぁ達もジュゴンにあやかってジュゴンの会を作っています。私、まよなか★しんやはそのおばぁ達にあやかってジュゴンの日コンサートを続けています。」としんやさん。
としひささんとのセッション。 参加していた大学生達も一緒に! すごい盛り上がりました!!
夕方になっても、夜になっても沖合には軍艦が停泊していました。怒りがこみ上げてきます。 取材者のカメラを使って望遠するとこういう風にはっきりと見えます。 この軍艦の名前は「ドック型揚陸輸送艦ジュノー Juneau LPD-10
長崎平和委員会のホームページより抜粋。
ドック型揚陸輸送艦ジュノー Juneau LPD-10
1999年7月30日配備
満載排水量 16,914tons
 全長 173.8 m、幅 32m、速度 38.9 km/h
 乗員 420名(将校24、下士官396)
 揚陸部隊 900名
 LCAC 1隻積載可
 搭載機 CH-46 シーナイトヘリ×6
 武器 25mm Mk38機関銃 ×2,20mmMk15 CIWS×2, .50口径機関銃 ×8

琉球新報

V字案 首相が住宅上空飛行に言及

 【東京】安倍晋三首相は14日午後の衆院予算委員会で、普天間飛行場代替施設を使用する米軍機の飛行について「通常の運用では住宅上空を飛ばないが、緊急避難的な状況では、そうでない場合もある」と述べ、緊急時に住宅地上空を飛行する可能性があることを認めた。赤嶺政賢氏(共産)に答えた。
 安倍首相は「(代替施設の)V字案は騒音の影響を最小限に抑え、住宅上空を飛行しないよう工夫したものだ。米側も理解している」と述べながら、緊急時の住宅地上空の飛行について言及。その上で「運用の仕方で飛ぶ時もあれば飛ばない時もあるということにはならない」と述べ、恒常的な住宅地上空の飛行を否定した。
 久間章生防衛相も「運用上、緊急事態そのほかの時に集落の上を飛ぶことはある」とあらためて答弁した。
 赤嶺氏は「最初は『緊急時だ、暫定だ』と言いながら恒常化するのが沖縄の米軍の現状だ。『緊急時』を認めてしまっては市街地上空を飛ばないという約束はなくなってしまう」と批判した。
 久間防衛庁長官(現・防衛相)は昨年11月7日の衆院安保委員会で「(緊急時には)どういう方向からでも着陸することはあり得る」と答弁。住宅地上空の飛行を伴うV字形滑走路の双方向着陸の可能性を認めていたが、安倍首相が同趣旨の答弁をするのは初めて。

(2/15 9:50)

F22数日内に嘉手納へ

 初の米国外配備となる嘉手納基地への飛来途中でハワイ州ヒッカム空軍基地に駐機している米空軍最新鋭ステルス戦闘機「F22Aラプター」について、嘉手納基地報道部は14日、ヒッカム基地の発表として、F22は数日以内に離陸できるものと期待しているとの見通しを明らかにした。
 当初の予定が2度にわたり延期され、ナビゲーション(位置方向案内)システムに不具合が見つかったとしてヒッカム基地で点検が続いている。報道部は検査が終了すれば予定通り嘉手納基地に配備すると説明した。
 発表文によると、ヒッカム基地第13空軍司令部のチップ・アッターバック司令官(中将)は「ささいな問題だ。常に安全に留意しており、ナビに問題がないと確信できるまでは航空機は出発しない」と話した。

(2/15 9:51)


沖縄タイムス
与党25人が「評価」/知事 現行V字「反対」姿勢
県議47人アンケート
 仲井真弘多知事の初めての予算議会となる県議会(仲里利信議長)二月定例会の開会を受け、沖縄タイムス社は県議四十七人にアンケートし、米軍普天間飛行場の移設問題を中心に知事就任後の対応について評価を聞いた。同飛行場の三年以内の閉鎖状態を求め、現行V字形案に「賛成できない」とする姿勢に、与党議員二十五人は「高く評価」(十八人)、「ある程度評価」(七人)と支持した。一方、野党・中立の二十一人が「まったく評価できない」(十四人)、「あまり評価できない」(七人)と反対。今定例会最大の争点をめぐって与野党の評価はほぼ真っ二つに割れた。

 十四日の所信表明演説で、仲井真知事は普天間飛行場の危険性除去を「最も緊急の課題」と強調。V字形滑走路案に反対を明言する一方で、修正案次第では受け入れの可能性を示唆した。

 与党県議は仲井真知事の姿勢を支持する理由(一部複数回答)に、最も多い十九人が「早期の危険除去につながる」と回答。八人は「米軍再編が促進され、基地の負担軽減」と期待した。ほかに「抑止力が維持できる」「知事の公約が実現できる」がそれぞれ三人だった。

 一方、野党県議は評価しない理由(一部複数回答)で、二十人が「新基地建設で、負担軽減につながらない」とし、県内移設を前提とした危険性除去に反発した。「三年以内の閉鎖状態に実現性がない」と公約実現を疑問視する県議も六人いた。

 三年以内の閉鎖状態やV字形滑走路案の修正を拒否する意向を示している安倍政権の基地政策については、県議の九割以上に当たる四十四人が「まったく評価できない」(二十人)「あまり評価できない」(二十四人)と厳しい見方。与党からも「県民を無視している」「地元の真意が理解されていない」など強い不満が出た。

アセス方法書 来月上旬の縦覧打診
施設庁意向 県、受理に難色
 防衛施設庁は米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部への移設に向け、来月上旬にも環境影響評価(アセスメント)の方法書を公告縦覧し、関係自治体に送付したい、との意向を県に伝えていることが十四日分かった。県は「V字形滑走路の詳細な位置決定については協議中」とし、現段階でアセス実施には応じられないとの考えを伝えている。ただ、方法書が送付された場合、県は法的に受け取りを拒否できず、難しい判断を迫られそうだ。

 方法書は県への送付と同時に一カ月間、公告縦覧される。縦覧後、県は住民らの意見をまとめた意見概要を受理し、六十日以内に知事意見を国に提出する。

 防衛省は移設先のキャンプ・シュワブ周辺海域で六月にミドリイシサンゴの産卵が始まるため、「五月には調査準備に着手する必要がある」との認識。だが、方法書の確定後でなければアセスに基づく調査ができないため、県への方法書送付は「三月上旬がタイムリミット」としている。

 政府は三年のアセス期間を二年半に短縮する意向だが、県などの協力が得られなければ手続き短縮は難しい。

 施設庁は、県が方法書の受理に応じない場合、アセス前段の「事前調査」の位置付けで関連調査をすることも検討している。

 アセスに基づく調査、事前調査のいずれの場合でも、海域調査の着手には知事の同意を得るため、「公共用財産使用協議書」を県に提出する。施設庁は近く協議書を県に提出、同意申請する構えだ。

 那覇防衛施設局は昨年十一月に方法書を作成する業者を選定。今月八日には、海域を含む環境現況調査を実施する業者の入札を官報公示した。




2月Bへ 日誌indexに戻る 2月Dへ

 沖縄・名護・辺野古の美しい海を埋め立て作ろうとしている新しい軍事基地建設を止めさせるために、おばぁたちが座り込みをはじめてから8年と600日以上。その怒りを正面からうけとめもせずに国は、ムリヤリ、かなりボーリョク的に着手し、調査のために建てられた5コのやぐらは、すでに海中のサンゴをふみくだいている。日本の各地で、世界で、この基地を作ることに対し、抗議の声がうずまいているとゆーのに。

 今、辺野古では、陸上での座り込み、海上・海底でのカヌーや船を使った阻止行動がつづけられており、那覇、大阪、京都、名古屋、東京では座り込みなどで辺野古のことを訴える活動が広まっている。これらを通じて辺野古を知り、これをじぶんの問題として重くうけとめた若者たちが辺野古にあつまり「カヌー隊」として活躍しはじめているところだ。

 弟のシュウは、船の免許をとり、「阻止船」を操縦している。巨大な作業船が辺野古に現れた日、通らせまいと、台船の進路に立ちはだかったが、台船は停まらず、シュウの船は何十倍もの大きさのその船に突撃、間一髪転ぷくはまぬがれたという。数年まえまでいわゆる「不登校」だった弟は、幸運なきっかけを得て、沖縄に行き、沖縄のかかえる問題を知り、辺野古のおばぁ達に出会った。おばぁ達に、学校では教えてくれないいくつものことをおそわり、「戦(いくさ)やならん、命どぅ宝(ぬちどぅたから)」とおそわった。これ以上、おばぁたちに、基地を苦しみを座り込むことをおしつけたくない、たった1人になってもここに立って止めよう、命をはってでも、と決めた。しかし、台船にぶつかる瞬間、シュウの頭をよぎったのは「かならず、生きぬいて帰ってきなさい、なにがあっても」という、おばぁのコトバと、大切な人たちの顔の走馬灯。死ぬわけにはいかない。なにがあっても生きていること、それ以上に価値あるものはない。おばぁの言葉の意味すること。弟の死がもたらす悲しみは、おばぁたちをも殺しかねないのだ。

 恋人のユウスケは、カヌー隊で、海上でのすわりこみをするため、名護でくらしている。ある日、仕事をやめ、彼は「辺野古に行こうと思う」と言った。それは、唐突ではあるがまるで必然のようだった。生活=お金のための生活をやめて、イメージに近いほうを選ぼうとしていたユウスケ。辺野古のことは知っていた。基地ができれば、もちろん自然はこわされ、それ以上に人がたくさん死ぬ。ねがいは、ただ、「幸せになること」。だからこそ、目の前に見えている脅威を見てみぬふりをして自分を偽ることはできない。ほんとうに幸せになりたいから、止めに行く。それが、ユウスケのイメージだ。ものすごくシンプルに、「好きな人を失いたくない、悲しませたくない」から、この不穏な世の中の流れを止めるために動く、その中でいま1番焦点になっているのが辺野古だったのである。

 カズマサ君は、仕事をやめてから、地元・名古屋と辺野古を行き来し、名古屋では街頭アピールなどで広め、辺野古では、はげしく船酔いしながらも必死で阻止行動をしている。

 サチコは施設局側の作業員との攻防で1度、指を3cmきり、流血したが、今日も笑顔で海に出て行き、カヌーをこいでいる。

 彼らは全員20歳代だ。若いからと言って失うものがないわけではない。仕事も、恋人もギセイにしてきている。
家族や友人の理解が必ずしも得られるわけではない。経済基盤も保障ももちろんない。
彼らはなにも好き好んで「たたかい」に来ているのではない。それぞれの意志で来ているのは確かだが、闘いたくて
闘っているわけではないのだ。ほんとうなら、好きな人と好きな場所で心おだやかに暮らしたい。
世の中が本当に平和なら、やりたいことは他にもっとある。
 それでもかれらが辺野古に来るのはなぜか。
 どうしても、今止めなければならないから。
 人の命をなんとも思わない人々がゆるせないから。
 命が大切と言うことだけは、どーしてもゆずれないから。

 私自身は東京で店を持ち、そこから発信していくために東京でやることに決めたため、辺野古には行けない。
先日も顔を蹴られるなどの暴行をカヌー隊メンバーが作業員から暴行を受けたとの報道があった。
東京で、はなれた場所でそのようなニュースを耳にすると、怒りとかやりきれなさが体中をうずまいて
いてもたってもいられない気持ちになります。今すぐにでも辺野古に行きたい。
 ケガさせられたり、あるは殺されたり、捕まったり。自分の大切な人がそんな目に、いつ合わされるか分からない状況
の中で、日常をおくらなければならないのが辛い。はなれていて手と足もだせない、叫んでも届かないのが辛い。
 ものすごく個人的な話ではある。
でも、自分の大切な人のいのちが大切なのは、誰でもあてはまるはずである。
自分の周りの人を大切に思うことと、戦争をなくそうと思うことは同じことだ。
大切な人が死んだらイヤだ。だから 戦争はやめよう、基地はいらない。
足りないのは、あと少しの想像力。イラクやアフガニスタンで、パレスチナで、亡くなった人々の周りの気持ち。
周りの人々のきもち。悲しくないわけがない。怒りがわいてこないわけがない。

 もう一度 問いかけます。辺野古の若者たちの「命を守るたたかい」にあなたは何を思いますか。 
 私たちは、辺野古で闘う若者たちの友人・知人・家族として、彼らの生活を支えるためのカンパを訴えます。
彼らが心置きなく行動するためには、1人・1ヶ月の生活資金・5万円ぐらいかかります。5万円×5〜6人を毎月作りたいと思っています。

 東京の「街」では、できるだけ多く地域の人たちが参加してくれるために「100円カンパ」を始めました。
 家族会も結成されました。

 ご協力をよろしくお願いいたします。
 太田武二(命どぅ宝ネットワーク)、ヨッシー(友人)、佐竹周一(友人)、中馬由紀子(友人)、中野高(友人)、富田直子・剛・翔子(家族会)、赤羽則子(家族会代表)、ハネやん(家族会)、末木(家族会)、
1/15 現在
郵便局 10020−84023361
赤羽 則子