×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジュゴンの家・日誌
「ジュゴンの家」の賛助会員、募集中
「ジュゴンの家」は沖縄・名護にあるリサイクルショップです!!お店を開けつつ、「基地建設をとめたい!!」という思いで、日々行動しています。
「ジュゴンの家」では「ジュゴンの家」を支えてくださる賛助会員を募集しています。
「力になろう!」という皆さま!!
ぜひ、賛助会員になってください!!よろしくお願いします!
会員申し込みは・・・FAXまたはメールでお知らせください。
  住    所 沖縄県名護市城2-13-2
  電話&FAX 0980−54−2948 
   e−mail   dugonghouse_in_okinawa@yahoo.co.jp
会費・・・月1000円、年10.000円となります
同基金への協力は 
●琉球銀行 普通口座 名護支店
 口 座 番 号   23−130
 口 座 名  西 陽子 まで

よろしくお願いいたします
  じゅごんの家へのメールはコチラ!!→→ 


1月@へ 日誌indexに戻る 1月Bへ



1月A


参加者募集!!!
基地建設阻止行動およびテントで座り込みする人が必要です!!!
少ない時間でも、行動できる人は集まってください!!
あなたが行動することで現場の状況は変わる・・・・!!
どうか、よろしくお願いします!!
辺野古に来てください!!!
基地建設阻止行動のための緊急カンパのお願い!!
 辺野古では日米政府が「沿岸案」を合意し、座り込みはまだまだ続いています。。今後も基地建設を止めるには多大な資金が必要になると予想されます。全国の皆さんにカンパをお願いしたいと思います。皆さん応援をよろしくお願いします!!

 カンパを振り込まれる際は、下記の口座にお願いします。(このカンパのお願いは「ジュゴンの家」が、「命を守る会」を応援する気持ちで独自でやっています。振り込まれたお金は、辺野古での基地建設阻止行動のために使われます。)
●郵便局 17040−14225611  西 陽子 

「名護街宣大作戦!」のお知らせ

 名護市民は辺野古に注目しています。でも、なかなか現場に来ることができない、きっかけがつかめないという人達のために、辺野古の現場でおこっていること、今、名護市の全体の力が必要だということ伝えに名護市街へ出て行きませんか?


                        

☆飛び入り大歓迎!!

     一緒にビラまきをしたい人を募集しています。

 私たちは毎週土曜日、海上行動隊、海人のマイクアピールや
 ビラまき、写真の展示などを行います。皆さんもぜひご一緒に
 参加してください!!


☆作戦決行日:毎週土曜(雨天中止)
      14:
30 じゅごんの家集合!!(名護市城2−13−2)
      15:00 為又・
「洋服の青山」前で街宣開始!
      

1月15日(月)
座り込み1002日目。
座り込みは今日で1002日目です! 落ち着いた雰囲気のテント村の朝。 ↑は初子さんが作った、73歳のお祝いだった祐治さんのお祝いの席で振舞われたお汁。おいしい!
その他にも月曜日当番の大西さんがイカの炒め物を出してくれたのでテント村のお昼ご飯は豪華でした!
午後、2/24〜2/25に行われるピースミュージックの出演者「カチンバ1551」が来てくれました! 今日のテント村のおやつ(差し入れでいただいたもの)を見てみると「ハニカミ工房〜あなたのハニカミ℃が分かる」が入っていました。チョコです。 今日は15日、ジュゴンの日なのでおじぃ、おばぁが集まってきました。
←サヨコさんが作ってきてくれた散らし寿司!ウマシッ!!

→おばぁの家に届いたリンゴ。みんなで分けてもって帰りました。
・今日の騒動。
 昨日、宜野座漁港から「環境調査」の立て札をつけ、作業員を4人乗っけて船が出ていたという話しがあり、ちょっと辺野古は一騒動になりました。しかし、これは赤土の調査を県が行っているもので2月中旬まで行われる予定のものなので大丈夫です。しかし、何分政府側は基地建設着工をものすごく焦っています。油断は出来ません。そういう意味で辺野古の緊張感は少しづつ高まってきています。

琉球新報

闘いは終わらない 辺野古座り込み1000日

新基地建設を止めようと、始まった反対派住民らの座り込みが1000日を迎えた=13日、名護市辺野古

 【名護】米軍普天間飛行場代替施設建設で揺れる名護市辺野古で、基地建設を阻もうと始まった反対派住民らの座り込みが、13日で1000日目を迎えた。一方、名護市は昨年5月、同市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部にV字形の滑走路を建設する新たな案で政府と合意し、移設措置協議会を重ねる。座り込みを続ける住民らは「命を懸けてやる決意だ」と、来る先の闘いを冷静に見つめている。
 座り込みが始まったのは2004年4月。代替施設建設に向けた辺野古沖合でのボーリング地質調査を止めようと、住民らが結集し、海上などで阻止行動を展開した。計画は進まず、政府は新たにV字形滑走路案で移設を目指す。その中で昨年9月、移設の動きを食い止めようとする運動で初の逮捕者が出るなど、反対派に衝撃が走る事態もあった。
 ヘリ基地反対協議会の安次富浩代表委員は「市長はまるで銭に身を売っているようにしか見えない。沖縄の将来を考えていないぶざまな市政だ」と憤り、「1000日という節目だが、闘いはまだ先にある」と語気を強めた。
 ことし4月28日には座り込みも3周年になる。移設問題が続く限り、座り込みは終わらない。ヘリ基地反対協などの市民グループは19日に予定される移設措置協議会を前に、県や名護市に対し、V字形案に反対する抗議行動を行う。3周年の日には大規模な集会を予定している。

(1/14 10:12)

強盗致傷で米兵逮捕 女性殴りバッグ奪う

 沖縄署は15日、道を歩いていた女性(20)の顔面を殴り、ショルダーバッグを奪ったとして、強盗致傷の容疑で米軍嘉手納基地所属の陸軍2等兵の少年(19)を逮捕した。少年は「やっていない」と容疑を否認している。被害者の女性は顔面、後頭部打撲のけがを負ったが、命に別条はないという。
 調べでは、少年は15日午前零時20分ごろ、沖縄市中央の路上を歩いていた女性に横から近づき、顔面をいきなり殴って転倒させ、持っていたショルダーバッグと財布など(時価合計約12万2000円)を強奪した疑い。
 少年は犯行後に現場から歩いて逃走したという。
 女性が殴られるのを見ていた男女が110番通報し、警察官が現場から約100メートル離れた路上で少年を発見。目撃情報などから少年の犯行と判断し、緊急逮捕した。
 奪われたバッグと財布からは現金やクレジットカード、携帯電話が抜き取られ、少年の逃走経路に捨ててあったという。少年は酒に酔っていて、呼気1リットル当たり0・5ミリグラムのアルコールが検出されたという。

(1/15 16:03)

知事と名護市長、政府案修正を要求 普天間代替

 久間章生防衛相は14日夜、上京中の仲井真弘多知事、島袋吉和名護市長と都内で懇談し、普天間飛行場の移設問題について意見交換した。久間防衛相は普天間代替施設の政府案(V字形滑走路案)を基本に環境影響評価(アセスメント)を実施し、その中で必要があれば修正は可能との認識を示し、アセスの実施に向けた沖縄側の理解を求めた。仲井真知事、島袋市長は普天間飛行場の危険性除去や政府案の修正などを要求。アセス受け入れには慎重な姿勢を示した。19日に開催予定の普天間飛行場移設措置協議会の第3回会合の議題は調整中だが、懇談でのやりとりを軸に協議されるものとみられる。
 関係者によると懇談で久間防衛相は、沖縄側から政府案の修正要求が出ていることについて「米側に修正を求めれば信頼関係を損ねる恐れがある」と現時点での修正に難色を示し「環境アセスを実施し、その中で修正することはできる」との考えを伝えた。
 仲井真知事は、普天間飛行場の「3年内の閉鎖状態」が自身の選挙公約であることを強調しながら、政府側の対応を要望。島袋名護市長は北部4首長の確認事項を踏まえて政府案の修正を要求。「滑走路を浅瀬側に移せば工事は早く進むし、潮流の影響も少なくて済む」などと述べた。
 「3年内閉鎖」について久間防衛相は具体的に言及しなかった。仲井真知事、島袋市長は「政府案を修正し、その上でアセスを実施してほしい」として、現時点のアセス受け入れに消極的な考えを示したという。
 この日の懇談は新年会や防衛省昇格を祝う名目に非公式で開かれた。防衛省、県、名護市の事務職員の参加はなかった。

(1/15 16:01)

政府案基本にアセス 普天間代替県に伝達へ 久間防衛相

 【東京】久間章生防衛相は14日午前のNHKのテレビ番組で、普天間飛行場代替施設の政府案(V字形滑走路案)について「(代替施設の)基本計画で環境アセスをやり、『環境上問題だから変えてくれ』ということになったら必要な修正を加えていけばいい」と述べ、政府案を基本としながら環境影響評価(アセスメント)を実施し、必要があれば修正するとの考えを示した。
 久間防衛相は19日に予定されている普天間飛行場移設措置協議会の第3回会合でこの考えを伝え、アセス実施について仲井真弘多知事の理解を求める構えだ。
 仲井真知事の政府案修正要求に対して、久間防衛相は柔軟な姿勢を示してきた。だがこの日の発言は、政府案修正に慎重な同省内の事務方や修正を拒む米側に配慮。これまでの柔軟姿勢を改め、県が環境アセス実施を受け入れなければ修正論議にも応じられないとの立場を強くにじませた格好だ。
 ただ、仲井真知事は政府案修正や普天間飛行場の「3年内閉鎖状態」で国側の対応が示されない限り、アセス実施は困難との姿勢を崩しておらず、県や名護市の理解が得られるかは不透明だ。
 久間防衛相は今月上旬に「滑走路は一本でもいい」と政府案に固執しない考えを示した真意について「埋め立て権限を持っているのは沖縄の知事だ。理解を得られないと計画が進まない。政府同士で合意すれば何でもできると思ったら間違いだと言いたかった」と説明し、普天間代替施設の建設は沖縄側の理解が不可欠との考えを述べた。
 その上で「政府同士で決める時、地元の市も含めて合意している。(知事が)駄目だというなら、理由を言わないといけない。(環境アセスで知事らの)意見が出て、合理性があれば聞く耳を持っていい」と述べ、環境アセスの結果、必要があれば政府案の修正に応じる用意があるとの姿勢を示した。

(1/15 9:33)



沖縄タイムス
「集団自決」早期認定/国、当初から実態把握
座間味村資料で判明/「捏造説」根拠覆す
 沖縄戦時下、慶良間諸島で起きた「集団自決」への遺族補償に関し、一九五七年に申請が始まってから最短で三週間、平均三カ月で補償が認定されていたことが分かった。「集団自決」犠牲者に補償を適用するのは困難だったとされてきたが、沖縄タイムスが入手した座間味村役所資料で、早期認定されていたことが判明した。琉球政府援護課の元職員は「本島に先駆け、慶良間諸島の被害調査を実施した。厚生省(当時)も人々を救おうとの熱意を感じた」と話す。一部マスコミなどによる、補償申請が認定されにくいため「『軍命』が捏造された」という主張の根拠がないことを示している。

 座間味村役所の「戦闘協力該当予定者名簿」および「戦協該当者名簿」、厚生省から返還された県の記録を照合。

 役所がそれぞれの戦没者について戦死状況などをまとめて申請した日から、厚生省が各戦没者が援護法の補償に「該当」すると認定した日までの日数を調べた。要した日数で認定が容易かどうかが分かる。

 座間味村の申請は、十五次にわたり、申請から認定まで最短で三週間、平均三カ月で補償対象との判断が下されていた。

 例えば、第十一次申請は、一九五八年九月七日に提出され、三週間後の九月二十六日に「該当」とされた。

 申請が始まった年の五七年では、二次分の十一月十一日付申請は、三カ月後の翌年二月二十九日に「該当」判定されていた。

 元琉球政府社会局援護課の職員で、全市町村向けの援護マニュアルを執筆した金城見好さん(72)は厚生省が認定に要した日数について「二、三カ月後の認定は早い。平均的には三カ月から六カ月かかっていた」と話す。「慶良間諸島は、沖縄戦の最初の上陸地という特別な地域だった。当初から戦闘状況が分かっており、住民を『準軍属』として処遇することがはっきりしていた」と説明する。(編集委員・謝花直美)

防衛相一転 消極姿勢に/V字案修正
 【東京】久間章生防衛相は十四日のNHK番組で、米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部移設について、V字案の修正には同案を前提とした環境影響評価(アセスメント)が必要との認識を示した。滑走路を一本にすることを含めた修正に前向きだった従来の姿勢を取り下げ、県に方法書の提示を含むアセス手続きの容認を求める方針に転じた。

 十九日に予定される普天間移設に関する協議会で、仲井真弘多知事に正式に伝える。

 久間防衛相は名護市など周辺自治体が昨年四月、V字案に関する基本合意書を防衛庁(当時)と交わしたことを念頭に「地元の市町村まで含めて合意していることに駄目だというとそれなりの理由を言わないといけない。(修正要求に)合理性があるかどうかの問題が問われる」と指摘。

 その上で「(日米が)基本計画で決めた案(V字案)で環境アセスをして『環境上、こういう問題だからここは変えてくれ』というようなことになったら、修正を加えていけばいい。合理性があれば聞く耳を持つ」と述べ、アセスの結果、騒音や環境面に問題点があれば修正に柔軟に応じるとの考えを示した。

 今月上旬に「滑走路は一本でもいい」と発言した真意については「(海域の)埋め立て権限を持っているのは沖縄の知事だ。そこの理解を得られないと計画自体が進まない。『政府同士で合意すれば何でもできると思われたら間違いだ』と言いたかった」と釈明した。

 県は現在、アセス方法書がV字案を前提に作成されているとの判断から、提示に応じていない。

 ただ、政府の責任でアセス前段の「事前調査」の位置付けでシュワブ周辺海域を調査することには理解を示しており、十九日の協議会に向け防衛省と調整を続けている。

     ◇     ◇     ◇     

知事「3年内閉鎖が先」

 【東京】久間章生防衛相の発言を受け、仲井真弘多知事は十四日午後、「(アセスの)技術的な話まではまだ考えていない。V字の前に(普天間飛行場の)三年閉鎖状態という問題をクリアしないといけない」と述べ、県側の主張に対する政府側の具体策が示されないままのアセスには否定的な見通しを示した。

 都内で開かれた県人会関係の新年会出席後、記者の質問に答えた。仲井真知事は久間防衛相の発言について「技術的な話で、今コメントできる状態にはない」とした上で、公約に掲げる同飛行場の三年内閉鎖状態の進展がなければ、「前に進められない」との認識を示した。

 また、政府が日米で合意したV字案が基本との立場を堅持している点については「基本は基本。基本と詳細は違うのが一般論」と述べ、合意案の修正は可能との見方を示した。

 同問題では、防衛省首脳もアセス前の修正は厳しいとの見方を示している。

辺野古基地反対派 座り込み1000日/着地点見えぬまま

米軍キャンプ・シュワブの境界に張り巡らされた有刺鉄線には、平和へのメッセージを込めた無数のリボンが結ばれている=9日、名護市辺野古
 米軍普天間飛行場の移設先として日米が合意した名護市辺野古の海辺で、反対派の住民らが組織的な座り込みを始めた二○○四年四月十九日から、十三日でちょうど千日。普天間移設問題の着地点が依然として見えないまま、運動はさらに長引きそうだ。

 座り込みを続けているのは、新たな基地建設を拒み、ジュゴンのすむ海の環境を守ろうと主張する住民や平和運動家ら。辺野古漁港近くのテント小屋に毎日十人ほどが詰める緩やかな交代制を組み、県外の学生らが参加することも。

 まとめ役の一人、嘉陽宗義さん(84)は辺野古集落の長老。終戦間際、海軍通信兵として乗っていた艦船がベトナム近海で空爆を受け重傷を負った。左腕と腰に今も生々しい傷あとが残る。「人を殺し、地獄を見てきた。戦争のための基地はいらない」と、月に二回はテントを訪れる。

 辺野古の海は嘉陽さんにとって身近で神聖な場所。戦後、貧しさの中で海から生活の糧を得ることも多かった。四十年前には海水でキリスト教の洗礼を受けた。「近くの米軍基地からの汚水で、辺野古の海は死にかけている。殺してはいかん」

 座り込みは○四年四月、普天間飛行場を辺野古沖に移設する計画(海上案)で、国がボーリング調査に乗り出した日にスタート。舟やカヌーによる海上の阻止行動も展開され、計画は頓挫した。

 事態打開のため日米両政府は昨年五月、キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する計画(沿岸案)で新たに合意。その具体化の動きに嘉陽さんらは神経をとがらせる。

 移設に賛成する住民との間にいさかいも生じ、静かだった集落は分断の苦しみを味わった。「賛成か反対かで親しい友人や親類が離れていったことが一番つらい」と嘉陽さん。それでも「今やっていることは正しかったと五十年後、百年後の子孫が認めてくれる」と信じている。

仲井真知事、防衛協会長を兼職/昨年5月以降
 仲井真弘多知事が、自衛隊活動の支援や防衛思想の普及高揚などを活動目的とする県防衛協会(那覇市、会員約五百人)の会長職を知事就任後も務めていることが十二日分かった。那覇商工会議所会頭だった昨年五月からで、県の現職知事が同協会の会長を務めるのは初。全国でも少ない。県は知事の兼職は「法的に問題ない」としているが、自衛隊と県民の利益が一致するとは限らず、今後知事の判断が問われそうだ。(伊佐聖一、阿部岳)

 仲井真知事は十日、本紙取材に事実を認めた上で「せめて一年はやらざるを得ないかなと思う。途中で放り出すのはいかがなものか」と辞任を否定する一方、「(那覇)商工会議所会頭も決まったので、どうするか大至急決めようと思っている」と述べた。

 同会議所によれば、仲井真知事が会頭当時に務めていた兼職は五十団体。昨年八月の会頭辞任までに、四十八の役職は降りたものの、沖縄・台湾財界関係者の交流組織である中琉協会(那覇市)と県防衛協会だけ会長職を継続している。

 県秘書課は「法的には問題なく当面は兼職が続く。今後は知事の判断次第」と話す。今後、県内部で論議を進めるが、多忙と県民感情への配慮を理由に、十八日に予定されている新年会など防衛協会の公式行事への参加は当面見送るという。

 知事は一日付の陸上自衛隊第一混成団の機関紙に防衛協会会長として寄稿。「市民の国防意識の高揚に尽力されていることに深く感謝する」「協会は本年も皆さまの応援団となる」と記している。

 県内では自衛隊による射撃場建設や米軍再編に盛り込まれた米軍との基地共同使用に、地元自治体が反対している。

 仲地博琉大大学院教授(行政法)は「知事が会長職にとどまり政治姿勢を示す選択肢はあり得る」としつつ、「沖縄の自衛隊が強化される中で、地域社会との紛争は増える。調停役を期待される知事が、一方を応援する立場で信頼が得られるか」と疑問を投げ掛けた。

 さらに「過去の戦争体験から自衛隊に複雑な感情を抱く県民は多く、大きなリアクションもあるだろう」と指摘した。

 他府県で現職知事が防衛協会会長を務めるのは鹿児島、熊本、長崎、新潟の四県。静岡県知事は名誉会長となっている。

海域の事前調査検討/普天間移設
防衛省「アセス前段」想定/県、協議会了承構え
 米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部移設で、防衛省と県が環境影響評価(アセスメント)の前段の「事前調査」の位置付けで、海域での調査に着手する方向で検討を進めていることが十一日、分かった。防衛省が間近に控えたサンゴの産卵調査などを事前調査として実施する方針を固めれば、県は十九日に予定されている政府と地元の協議会で、調査開始を了承するとみられる。防衛省幹部は「事前調査が法的に移設の進展につながるものかどうか、見極める必要がある」と慎重に判断する姿勢を見せている。

 海域での調査は「公共用財産使用協議書」を県に提出し、県知事の同意を得る必要があるが、県は防衛省に柔軟に対応する考えを既に非公式に伝えている。

 国は一月中にアセス方法書を県に提出し、知事意見を求めたい考え。背景には、代替施設の周辺海域に生息するミドリイシサンゴが五―六月に産卵するため、五月中に海域での調査に着手したい意向がある。

 しかし、アセス方法書には、日米が合意した滑走路の位置などが明記される見込みのため、県としては受容すれば、「現行案のままでは賛成できない」とする仲井真弘多知事の公約との整合が保てなくなる。このため、県は防衛省との修正協議が平行線をたどっている現段階でのアセス方法書の提示は、控えるよう国側に求めている。

 一方、事前調査はアセスメントの対象外で、事業者(国)の判断で実施可能となる。さらに調査結果をアセスに取り込むことも可能という。県はV字形のまま沖合へ移動する修正案を念頭に置いており、沿岸部から沖合にかけての調査範囲を広めに確保しておけば、修正が実現した場合にも、活用できる調査結果が得られるとみている。

 従来の名護市辺野古沖移設計画の際、国はボーリング調査や弾性波探査などを「事前調査」で実施。環境アセス法で規定されている公告縦覧や知事意見などの審査手続きを経ないことから、自然保護団体などが反発した経緯もある。

     ◇     ◇     ◇     

V字案修正の根拠を/防衛省首脳、県に要望

 【東京】防衛省首脳は十一日、県が米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部移設のV字案に修正を求めていることについて、「V字案は騒音も環境面も問題ないと思っている。修正が必要ならば、きちんとした理由を示してほしい」と述べ、修正の必然性を提示するよう求めた。その上で「環境影響評価(アセスメント)で(うるささ指数などの)データが出なければ難しいのではないか」として、修正の必要性を示す具体的な調査結果を踏まえて議論する考えを強調した。

 アセスの結果次第では修正協議に応じる考えを示唆すると同時に、環境影響評価方法書の提示などアセス手続きの進展を受け入れるよう、県に促す発言とみられる。

 首脳はV字案について「名護市や宜野座村が『民間地の上空を飛ばないでほしい』と要請したから、(米軍再編中間報告で日米が合意した)L字(沿岸案)をV字に変えた」と経緯を説明。

 「名護市と宜野座村は政府と立派に戦ってV字案を引き出した」として、沿岸案からV字案への修正には合理的な理由があったとの認識を強調した。

 県との現在の修正協議については「仲井真弘多知事が(V字案反対を)公約に掲げ、修正を言っているのは理解している」とする一方で「修正は『エイヤッ』とやるものではなく、(米国に説明するだけの)理由が必要。それを示してほしいと言っている」と述べた。




1月13日(土)
座り込み1000日目!
今日はなんと阻止行動座り込みが2004年4/19から始まって1000日目です!テント村では「2000日目は数えずに基地建設が白紙撤回されますように」の願いを込めて1000日の表示の「1」の部分を変えられないように看板に書き込みました。一日も早く基地建設完全阻止のために頑張りましょう! 浜辺にはたくさんの来訪者が来ています。 ヘリ基地反対協議会、共同代表の安次富さんが辺野古の闘いを熱く語っています。
大浦湾とこの辺野古崎を広範に埋め立てる基地建設計画は絶対に皆さんと私達の力で潰しましょう! 水陸両用戦車が走り回った跡がくっきりと浜辺に残っています。
辺野古には常連で来ている人達とカヨウのおじぃが語り合っていました。 那覇からこられた女性に現状を話す篠原さん。 COCCOは首を長くして基地建設がなくなる日を待っています。(いいえ、ただ単にエサが欲しいだけです。)
医療生協の人達がたくさん訪れました。
夕飯はサオリちゃんが作ったミートスパゲティ。 いっただきま〜す。





1月12日(金)
座り込み999日目!明日で1000日。




1月10日(木)
座り込み997日目。


1月9日(水)
座り込み996日目。





1月@へ 日誌indexに戻る 1月Bへ

 沖縄・名護・辺野古の美しい海を埋め立て作ろうとしている新しい軍事基地建設を止めさせるために、おばぁたちが座り込みをはじめてから8年と600日以上。その怒りを正面からうけとめもせずに国は、ムリヤリ、かなりボーリョク的に着手し、調査のために建てられた5コのやぐらは、すでに海中のサンゴをふみくだいている。日本の各地で、世界で、この基地を作ることに対し、抗議の声がうずまいているとゆーのに。

 今、辺野古では、陸上での座り込み、海上・海底でのカヌーや船を使った阻止行動がつづけられており、那覇、大阪、京都、名古屋、東京では座り込みなどで辺野古のことを訴える活動が広まっている。これらを通じて辺野古を知り、これをじぶんの問題として重くうけとめた若者たちが辺野古にあつまり「カヌー隊」として活躍しはじめているところだ。

 弟のシュウは、船の免許をとり、「阻止船」を操縦している。巨大な作業船が辺野古に現れた日、通らせまいと、台船の進路に立ちはだかったが、台船は停まらず、シュウの船は何十倍もの大きさのその船に突撃、間一髪転ぷくはまぬがれたという。数年まえまでいわゆる「不登校」だった弟は、幸運なきっかけを得て、沖縄に行き、沖縄のかかえる問題を知り、辺野古のおばぁ達に出会った。おばぁ達に、学校では教えてくれないいくつものことをおそわり、「戦(いくさ)やならん、命どぅ宝(ぬちどぅたから)」とおそわった。これ以上、おばぁたちに、基地を苦しみを座り込むことをおしつけたくない、たった1人になってもここに立って止めよう、命をはってでも、と決めた。しかし、台船にぶつかる瞬間、シュウの頭をよぎったのは「かならず、生きぬいて帰ってきなさい、なにがあっても」という、おばぁのコトバと、大切な人たちの顔の走馬灯。死ぬわけにはいかない。なにがあっても生きていること、それ以上に価値あるものはない。おばぁの言葉の意味すること。弟の死がもたらす悲しみは、おばぁたちをも殺しかねないのだ。

 恋人のユウスケは、カヌー隊で、海上でのすわりこみをするため、名護でくらしている。ある日、仕事をやめ、彼は「辺野古に行こうと思う」と言った。それは、唐突ではあるがまるで必然のようだった。生活=お金のための生活をやめて、イメージに近いほうを選ぼうとしていたユウスケ。辺野古のことは知っていた。基地ができれば、もちろん自然はこわされ、それ以上に人がたくさん死ぬ。ねがいは、ただ、「幸せになること」。だからこそ、目の前に見えている脅威を見てみぬふりをして自分を偽ることはできない。ほんとうに幸せになりたいから、止めに行く。それが、ユウスケのイメージだ。ものすごくシンプルに、「好きな人を失いたくない、悲しませたくない」から、この不穏な世の中の流れを止めるために動く、その中でいま1番焦点になっているのが辺野古だったのである。

 カズマサ君は、仕事をやめてから、地元・名古屋と辺野古を行き来し、名古屋では街頭アピールなどで広め、辺野古では、はげしく船酔いしながらも必死で阻止行動をしている。

 サチコは施設局側の作業員との攻防で1度、指を3cmきり、流血したが、今日も笑顔で海に出て行き、カヌーをこいでいる。

 彼らは全員20歳代だ。若いからと言って失うものがないわけではない。仕事も、恋人もギセイにしてきている。
家族や友人の理解が必ずしも得られるわけではない。経済基盤も保障ももちろんない。
彼らはなにも好き好んで「たたかい」に来ているのではない。それぞれの意志で来ているのは確かだが、闘いたくて
闘っているわけではないのだ。ほんとうなら、好きな人と好きな場所で心おだやかに暮らしたい。
世の中が本当に平和なら、やりたいことは他にもっとある。
 それでもかれらが辺野古に来るのはなぜか。
 どうしても、今止めなければならないから。
 人の命をなんとも思わない人々がゆるせないから。
 命が大切と言うことだけは、どーしてもゆずれないから。

 私自身は東京で店を持ち、そこから発信していくために東京でやることに決めたため、辺野古には行けない。
先日も顔を蹴られるなどの暴行をカヌー隊メンバーが作業員から暴行を受けたとの報道があった。
東京で、はなれた場所でそのようなニュースを耳にすると、怒りとかやりきれなさが体中をうずまいて
いてもたってもいられない気持ちになります。今すぐにでも辺野古に行きたい。
 ケガさせられたり、あるは殺されたり、捕まったり。自分の大切な人がそんな目に、いつ合わされるか分からない状況
の中で、日常をおくらなければならないのが辛い。はなれていて手と足もだせない、叫んでも届かないのが辛い。
 ものすごく個人的な話ではある。
でも、自分の大切な人のいのちが大切なのは、誰でもあてはまるはずである。
自分の周りの人を大切に思うことと、戦争をなくそうと思うことは同じことだ。
大切な人が死んだらイヤだ。だから 戦争はやめよう、基地はいらない。
足りないのは、あと少しの想像力。イラクやアフガニスタンで、パレスチナで、亡くなった人々の周りの気持ち。
周りの人々のきもち。悲しくないわけがない。怒りがわいてこないわけがない。

 もう一度 問いかけます。辺野古の若者たちの「命を守るたたかい」にあなたは何を思いますか。 
 私たちは、辺野古で闘う若者たちの友人・知人・家族として、彼らの生活を支えるためのカンパを訴えます。
彼らが心置きなく行動するためには、1人・1ヶ月の生活資金・5万円ぐらいかかります。5万円×5〜6人を毎月作りたいと思っています。

 東京の「街」では、できるだけ多く地域の人たちが参加してくれるために「100円カンパ」を始めました。
 家族会も結成されました。

 ご協力をよろしくお願いいたします。
 太田武二(命どぅ宝ネットワーク)、ヨッシー(友人)、佐竹周一(友人)、中馬由紀子(友人)、中野高(友人)、富田直子・剛・翔子(家族会)、赤羽則子(家族会代表)、ハネやん(家族会)、末木(家族会)、
1/15 現在
郵便局 10020−84023361
赤羽 則子