×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジュゴンの家・日誌
「ジュゴンの家」の賛助会員、募集中
「ジュゴンの家」は沖縄・名護にあるリサイクルショップです!!お店を開けつつ、「基地建設をとめたい!!」という思いで、日々行動しています。
「ジュゴンの家」では「ジュゴンの家」を支えてくださる賛助会員を募集しています。
「力になろう!」という皆さま!!
ぜひ、賛助会員になってください!!よろしくお願いします!
会員申し込みは・・・FAXまたはメールでお知らせください。
  住    所 沖縄県名護市城2-13-2
  電話&FAX 0980−54−2948 
   e−mail   dugonghouse_in_okinawa@yahoo.co.jp
会費・・・月1000円、年10.000円となります
同基金への協力は 
●琉球銀行 普通口座 名護支店
 口 座 番 号   23−130
 口 座 名  西 陽子 まで

よろしくお願いいたします
  じゅごんの家へのメールはコチラ!!→→ 

10月Bへ 日誌indexに戻る 10月Dへ

10月C

※辺野古への行き方をご案内します。

  辺野古には、那覇と名護より77番の
バスで来ることができます。
詳しくはhttp://www.rosenbus.com/から路線バスの沖縄バス、 77系統名護東(辺野古)線をご覧下さい。
 辺野古バス停で下りたら、海の方まで川沿いに歩いてください。 漁港前の防風林を越えて防波堤に出たところが座り込みのためのテントです。 途中、命を守る会への案内看板もあります。そちらからでもテント村に行けます。

 
車、レンタカーでいらっしゃる方は、沖縄自動車道「宜野座インター」 を出て左、国道329号線を北上し10数分、「久志(北)」の交差点を右折、久辺中学の横を通り、坂の下の給油所「辺野古(西)」を 右折、川沿いに海に向かいます。
 辺野古漁港は立ち入れませんので、手前に駐車して漁港入り口までおいで下さい。テント村の場所は漁港入り 口向かって右側、防風林の向こう側、防波堤の上です。


☆飛び入り大歓迎!!
     一緒にビラまきをしたい人を募集しています。

☆作戦決行日:毎週土曜(雨天中止)
      14:
30 じゅごんの家集合!!(名護市城2−13−2)
      15:00 為又・
「洋服の青山」前で街宣開始!

10月28日(日)
座り込み1287日目。〜日曜日内地からたくさんの高校生が来ていました。海上では作業がありました。6隻ほど出ていてパッシブソナーのバッテリーを交換していたようです。
座り込み1285日目(金曜日)。〜今日も海上で作業。生物調査だったのでカヌー、ボートで監視行動をやっています。座り込みに迷い犬が現れました。夜は動労千葉高石さんの講演会。
〜動労千葉の不屈の闘い30年。高石さんが語る。〜
座り込み1284日目。〜今日も海上で作業。生物調査なので海上で監視行動。




10月23日(火)
〜お詫び〜
やっっと復旧しました〜!パソコンが故障して復旧するまでに十日ほど時間がかかってしまいました。申し訳ありませんでした。ジュゴンの家。
座り込み1282日目。今日も作業がありました。10隻の作業船に対して3隻のゴムボートで対応しています。陸の座り込みには「現在の状況を知りたい」と沖縄の学生達を中心にたくさんの人たちが訪れています。
・この間の状況
この間、二度にわたり機材設置の強行がありました。一度は阻止しましたが、施設局側が増員して機材設置を強行しました。10個ほどのパッシブソナーが海底に設置されてしまいました(この間のまとめ写真のほうに写真アップしています)。しかし、「設置作業が完了した」と言っている施設局の嘘が暴かれています。そして私たちには粘り強い闘いが必要です。
現在、週に二日作業がない日がありますが、それ以外は連日作業が続けられています。
新しい動きとしては海中カメラを設置する台座に固定版の取り付けが行われています。台風のシーズンが終わり次第大規模な設置作業がありそうです。気は抜けませんが頑張っていきましょう!
午前中からたくさんの人でごった返す事務所前。 今日の作業は設置された機器のメンテナンスが主だったので午後には陸に引き上げてきました。 沖縄の学生達が命を守る会事務所で勉強会。
命を守る会のおじぃ・おばぁが来たので那覇で「那覇ガイセン(毎週金曜日)」を行っている若者たちの報告会です。 那覇の道行く人たちに辺野古のことを伝える大切さを話すマシュポ。
「がんばってね!とお金を握り締めて来る人もいます。」
「自分は賛成だという人とはじっくりとお互いの意見を交換し、話しをしています。圧倒的に基地建設に反対している人が多いです。」
反対協の安次富さん(共同代表)が取材の応対をしています。
那覇の活動におじぃ、おばぁ達も感激しています。 「命を守る会のおじぃ・おばぁの粘り強い闘いがあったからこそ僕ら那覇の人間も頑張っているのです。」と話してくれました。 学生達も一緒に聞いています。これからの自分達の活動に生かしていくと話していました。
←カヨウのおじぃが那覇の若者達に感謝していると話しています。

→最後はみんなで「基地建設白紙撤回までガンバロー!!」。
←高江のビデオの上映会。

→東京と沖縄の学生が交流!
「サンフランシスコ☆ジュゴン裁判★報告会」
場所:午後6時30分〜名護市港区公民館
弁士:東恩納たくま・マキシ好一・吉川
司会:安次富
★非常に重要な新事実がアメリカで分かってきました!
港区公民館で「ジュゴン裁判報告会」 50人ほどの人が集まっていました。 安次富さんから始まりのあいさつ。
大西むさん・反対協共同代表。 ジュゴン裁判の原告・東恩納たくまさん。 マキシさんがパワーポイント(画面)を使って説明。
★ジュゴン裁判って何?
ジュゴン裁判は辺野古のジュゴンを保護し、新基地建設を阻止するためにアメリカの国防省を相手どって「ジュゴンを原告」とした裁判です。法律的には「アメリカの文化財保護法」が適用されているようです。
アメリカ国内でも外国で行われている建設工事にアメリカの司法がどう動くのか非常に注目されている裁判となっています。
★どんな人たちがやっている裁判?
沖縄の東海岸地域の人たちが原告となり、原告団を作っています。支援するために沖縄のジュゴン保護基金委員会・ヘリ基地反対協などが関わっています。
アメリカでは「アースジャスティス」と「生物多様性センター」というアメリカの最大規模を誇る自然保護運動をするNGOが主体となって関わっています。それ以外にアメリカの400を超える自然保護団体が支援団体として名乗りを上げています。
★この間はどのような動き?
ジュゴン裁判が始まってからアメリカ国防省は「辺野古の基地建設は日本政府が行うものであるから裁判自体をやることがおかしい」と主張してきました。しかし、アメリカの司法はこれを否定。「日米が共同で行っている建設工事である」と断定しました。根拠となったのは「1966年の辺野古基地建設マスタープラン(66年から米政府が建設するために図面をひいていた)」、日本政府が独自に計画したものでないのは明らかでそれを否定することは出来ないと判断されたようです。
今回、初めて辺野古基地建設が「日米共同」で行われていることがわかりました!!
現在、ジュゴン裁判が起きたのは「リーフ上基地建設案」のころだったのでアメリカは「V字型になったのだから裁判を無効にしろ」と言ってきています。それをアメリカの裁判所が判断しているところだそうです。6ヶ月以内に判断が降りるとのこと。
それ以外にも新事実が次々に出てきました。↓
★新資料による辺野古海上基地の機能
(ただし新事実はアメリカ側が「これぐらい出しても大丈夫だろう」と考えたものです。まだまだ裏にたくさんの隠している事実があるはずです。)

@CALA戦闘機装弾場建設を米が要求。
↑これは大問題です。「装弾場」つまり戦闘機やオスプレイ・ヘリ一般が弾薬を積んで飛行することを意味しています。米政府は「民間地域上空を米軍機が飛行することは当然」と言っています。弾薬を積んだ米軍機が沖縄の民間地域全体を飛行することを意味しています。日本政府はいまだに「民間地域を飛行しない」と言ったり一部からは「飛行します」と言ったりあやふやな答えをしています。

A214mの軍港を2001年に要求。
↑これは01年の日本政府側の計画案には「埠頭(港)が記載されていた」から軍港建設を明記せよ。ということ。日本政府はこれまで軍港建設を否定してきました。
横須賀からの話しでは「214mの埠頭(港)と言った場合はジュノー級と言われる揚陸艦の接岸が可能。波が静かなときなら海兵隊空母エセックスも接岸可能だろう」ということでした。当然「原子力潜水艦」の接岸も可能となります。これも私達が知らされていない新事実です!

Bシュワブ陸上、辺野古ダムの環境調査は?
↑これは日本政府が「基地内だから環境調査せずに強行着工して良い(海上の環境アセスを一年やりながら辺野古ダム埋め立てを強行するつもりだった!)」ということに対し、米政府が「それは後々我々の責任にされかねないから環境調査はやったほうが良いのではないか」というものです。
まず、日本政府が環境アセスと同時並行で東海岸地域の水源である辺野古ダムの埋め立てを強行しようとていたことが分かりました
辺野古ダムの埋め立ては水源が奪われるという甚大な問題だけではなく、久志岳に限定されていた米軍による実弾射撃演習を辺野古岳側にも持ってくるという意味も持っています!この事実を地域住民に知らせていかなければなりません!!

C騒音コンタがどうなっているか?
↑これは日本政府の文書には騒音コンタについて明記していないことについて米政府が「明記すべき」と言っているものです。
日本政府は騒音調査をしたら久志3区だけでなく、東海岸全体が騒音によって生活を破壊される実態を隠すために示していません。環境アセスの方法書にも記載がありません。

D毎日、飛行機を洗浄する。
↑これは日本政府が「2機を洗浄するスペースを作る」と言ったことに対し、「少なくとも3機を洗浄するスペースは必要だ」と主張しています。
毎日、真水で軍用機を洗浄する実態が明らかになりました。そしてそれは運用する軍用機の規模がものすごい多いことを示し、洗浄することで出るジェット燃料や放射能物質によって辺野古の海は死の海になるということを示しています。











10月Bへ 日誌indexに戻る 10月Dへ





参加者募集!!!
基地建設阻止行動およびテントで座り込みする人が必要です!!!
少ない時間でも、行動できる人は集まってください!!
あなたが行動することで現場の状況は変わる・・・・!!
どうか、よろしくお願いします!!
辺野古に来てください!!!
基地建設阻止行動のための緊急カンパのお願い!!
 辺野古では日米政府が「沿岸案」を合意し、座り込みはまだまだ続いています。。今後も基地建設を止めるには多大な資金が必要になると予想されます。全国の皆さんにカンパをお願いしたいと思います。皆さん応援をよろしくお願いします!!

 カンパを振り込まれる際は、下記の口座にお願いします。
加入者名「ヘリ基地反対協議会」 郵便振替番号:01700-7-66142

 沖縄・名護・辺野古の美しい海を埋め立て作ろうとしている新しい軍事基地建設を止めさせるために、おばぁたちが座り込みをはじめてから8年と600日以上。その怒りを正面からうけとめもせずに国は、ムリヤリ、かなりボーリョク的に着手し、調査のために建てられた5コのやぐらは、すでに海中のサンゴをふみくだいている。日本の各地で、世界で、この基地を作ることに対し、抗議の声がうずまいているとゆーのに。

 今、辺野古では、陸上での座り込み、海上・海底でのカヌーや船を使った阻止行動がつづけられており、那覇、大阪、京都、名古屋、東京では座り込みなどで辺野古のことを訴える活動が広まっている。これらを通じて辺野古を知り、これをじぶんの問題として重くうけとめた若者たちが辺野古にあつまり「カヌー隊」として活躍しはじめているところだ。

 弟のシュウは、船の免許をとり、「阻止船」を操縦している。巨大な作業船が辺野古に現れた日、通らせまいと、台船の進路に立ちはだかったが、台船は停まらず、シュウの船は何十倍もの大きさのその船に突撃、間一髪転ぷくはまぬがれたという。数年まえまでいわゆる「不登校」だった弟は、幸運なきっかけを得て、沖縄に行き、沖縄のかかえる問題を知り、辺野古のおばぁ達に出会った。おばぁ達に、学校では教えてくれないいくつものことをおそわり、「戦(いくさ)やならん、命どぅ宝(ぬちどぅたから)」とおそわった。これ以上、おばぁたちに、基地を苦しみを座り込むことをおしつけたくない、たった1人になってもここに立って止めよう、命をはってでも、と決めた。しかし、台船にぶつかる瞬間、シュウの頭をよぎったのは「かならず、生きぬいて帰ってきなさい、なにがあっても」という、おばぁのコトバと、大切な人たちの顔の走馬灯。死ぬわけにはいかない。なにがあっても生きていること、それ以上に価値あるものはない。おばぁの言葉の意味すること。弟の死がもたらす悲しみは、おばぁたちをも殺しかねないのだ。

 恋人のユウスケは、カヌー隊で、海上でのすわりこみをするため、名護でくらしている。ある日、仕事をやめ、彼は「辺野古に行こうと思う」と言った。それは、唐突ではあるがまるで必然のようだった。生活=お金のための生活をやめて、イメージに近いほうを選ぼうとしていたユウスケ。辺野古のことは知っていた。基地ができれば、もちろん自然はこわされ、それ以上に人がたくさん死ぬ。ねがいは、ただ、「幸せになること」。だからこそ、目の前に見えている脅威を見てみぬふりをして自分を偽ることはできない。ほんとうに幸せになりたいから、止めに行く。それが、ユウスケのイメージだ。ものすごくシンプルに、「好きな人を失いたくない、悲しませたくない」から、この不穏な世の中の流れを止めるために動く、その中でいま1番焦点になっているのが辺野古だったのである。

 カズマサ君は、仕事をやめてから、地元・名古屋と辺野古を行き来し、名古屋では街頭アピールなどで広め、辺野古では、はげしく船酔いしながらも必死で阻止行動をしている。

 サチコは施設局側の作業員との攻防で1度、指を3cmきり、流血したが、今日も笑顔で海に出て行き、カヌーをこいでいる。

 彼らは全員20歳代だ。若いからと言って失うものがないわけではない。仕事も、恋人もギセイにしてきている。
家族や友人の理解が必ずしも得られるわけではない。経済基盤も保障ももちろんない。
彼らはなにも好き好んで「たたかい」に来ているのではない。それぞれの意志で来ているのは確かだが、闘いたくて
闘っているわけではないのだ。ほんとうなら、好きな人と好きな場所で心おだやかに暮らしたい。
世の中が本当に平和なら、やりたいことは他にもっとある。
 それでもかれらが辺野古に来るのはなぜか。
 どうしても、今止めなければならないから。
 人の命をなんとも思わない人々がゆるせないから。
 命が大切と言うことだけは、どーしてもゆずれないから。

 私自身は東京で店を持ち、そこから発信していくために東京でやることに決めたため、辺野古には行けない。
先日も顔を蹴られるなどの暴行をカヌー隊メンバーが作業員から暴行を受けたとの報道があった。
東京で、はなれた場所でそのようなニュースを耳にすると、怒りとかやりきれなさが体中をうずまいて
いてもたってもいられない気持ちになります。今すぐにでも辺野古に行きたい。
 ケガさせられたり、あるは殺されたり、捕まったり。自分の大切な人がそんな目に、いつ合わされるか分からない状況
の中で、日常をおくらなければならないのが辛い。はなれていて手と足もだせない、叫んでも届かないのが辛い。
 ものすごく個人的な話ではある。
でも、自分の大切な人のいのちが大切なのは、誰でもあてはまるはずである。
自分の周りの人を大切に思うことと、戦争をなくそうと思うことは同じことだ。
大切な人が死んだらイヤだ。だから 戦争はやめよう、基地はいらない。
足りないのは、あと少しの想像力。イラクやアフガニスタンで、パレスチナで、亡くなった人々の周りの気持ち。
周りの人々のきもち。悲しくないわけがない。怒りがわいてこないわけがない。

 もう一度 問いかけます。辺野古の若者たちの「命を守るたたかい」にあなたは何を思いますか。 
 私たちは、辺野古で闘う若者たちの友人・知人・家族として、彼らの生活を支えるためのカンパを訴えます。
彼らが心置きなく行動するためには、1人・1ヶ月の生活資金・5万円ぐらいかかります。5万円×5〜6人を毎月作りたいと思っています。

 東京の「街」では、できるだけ多く地域の人たちが参加してくれるために「100円カンパ」を始めました。
 家族会も結成されました。

 ご協力をよろしくお願いいたします。
 太田武二(命どぅ宝ネットワーク)、ヨッシー(友人)、佐竹周一(友人)、中馬由紀子(友人)、中野高(友人)、富田直子・剛・翔子(家族会)、赤羽則子(家族会代表)、ハネやん(家族会)、末木(家族会)、
1/15 現在
郵便局 10020−84023361
赤羽 則子