×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジュゴンの家・日誌
「ジュゴンの家」の賛助会員、募集中
「ジュゴンの家」は沖縄・名護にあるリサイクルショップです!!お店を開けつつ、「基地建設をとめたい!!」という思いで、日々行動しています。
「ジュゴンの家」では「ジュゴンの家」を支えてくださる賛助会員を募集しています。
「力になろう!」という皆さま!!
ぜひ、賛助会員になってください!!よろしくお願いします!
会員申し込みは・・・FAXまたはメールでお知らせください。
  住    所 沖縄県名護市城2-13-2
  電話&FAX 0980−54−2948 
   e−mail   dugonghouse_in_okinawa@yahoo.co.jp
会費・・・月1000円、年10.000円となります
同基金への協力は 
●琉球銀行 普通口座 名護支店
 口 座 番 号   23−130
 口 座 名  西 陽子 まで

よろしくお願いいたします
  じゅごんの家へのメールはコチラ!!→→ 

10月Aへ 日誌indexに戻る 10月Cへ

10月B

※辺野古への行き方をご案内します。

  辺野古には、那覇と名護より77番の
バスで来ることができます。
詳しくはhttp://www.rosenbus.com/から路線バスの沖縄バス、 77系統名護東(辺野古)線をご覧下さい。
 辺野古バス停で下りたら、海の方まで川沿いに歩いてください。 漁港前の防風林を越えて防波堤に出たところが座り込みのためのテントです。 途中、命を守る会への案内看板もあります。そちらからでもテント村に行けます。

 
車、レンタカーでいらっしゃる方は、沖縄自動車道「宜野座インター」 を出て左、国道329号線を北上し10数分、「久志(北)」の交差点を右折、久辺中学の横を通り、坂の下の給油所「辺野古(西)」を 右折、川沿いに海に向かいます。
 辺野古漁港は立ち入れませんので、手前に駐車して漁港入り口までおいで下さい。テント村の場所は漁港入り 口向かって右側、防風林の向こう側、防波堤の上です。


☆飛び入り大歓迎!!
     一緒にビラまきをしたい人を募集しています。

☆作戦決行日:毎週土曜(雨天中止)
      14:
30 じゅごんの家集合!!(名護市城2−13−2)
      15:00 為又・
「洋服の青山」前で街宣開始!

10月11日(木)
★10/10(水)阻止行動座り込み1270日目!〜作業が再開!米軍演習後の状況調査のようでした。
午前6時30分。作業船が出たという情報があり、海上に出る準備をしています。 台風も過ぎ去り、天晴れの辺野古です。 潜って調査内容を確認したところ米軍演習によって破壊された機器などの現状把握のための写真撮影をしていました。
その後、辺野古海域の他のポイントで調査されていないか確認しにいきました。 今日も久志岳の方から実弾の射撃音が鳴り響いています。 調査ポイントを確認しています。機器は設置が完了されていません。
★10/11(木)阻止行動座り込み1271日目!〜作業はナシ。朝から待機。県庁でアセス方法書の撤回を求めて陳情書。
座り込み1271日目。 今日は作業船に動きナシ。 沖縄はまだまだ夏です。暑い〜。
事務所前でいまの状況についての意見交換。 毎日、それぞれの思いを語り合いながら座り込みを継続しています。 東京新聞に大浦湾の浜サンゴが「サンゴ山」のように群生していることが報道されていました。
久しぶりにジュゴンぬいぐるみが登場! これもジュゴンのぬいぐるみ。ちょっと見えない。名前は「ちえちゃん」です。 辺野古新Tシャツ絶賛発売中です!!
修学旅行の時期でもあり、毎日たくさんの人たちが訪れています。 辺野古でとれたタマン・オジサン。から揚げにしたらめっちゃおいしいです! テント村にも人がたくさん来ます。
今日の夕ご飯はν一郎が作ってくれました! ナーペラーチャンプルー。 辺野古のタマン!
沖縄タイムス
意見概要書を今月提出/「普天間代替」
 米軍普天間飛行場代替施設の建設に向けた環境影響評価(アセスメント)をめぐり、防衛省が県に対し、公告縦覧したアセス方法書への住民らの意見をまとめた概要書を今月中に提出する、と伝えていたことが十日分かった。

 アセス手続きでは、県は概要書を受理後、六十日以内(国のアセス法の場合は九十日以内)に知事意見を提出する。

 仲井真弘多知事は九日、記者団に対し、知事意見を提出する考えを表明しており、年内にも提出期限を迎えることになる。

 沖縄防衛局によると、住民らからの意見は計四百八十七通寄せられており、概要がまとまり次第、県などに提出する。

 方法書が一方的に提出されたことから、県は受け取りを「保留」してきたが、知事意見を提出することで解除することになる。

沖縄市長、司令官に抗議/女性暴行事件
 【沖縄】米軍嘉手納基地内に住む米軍人の息子(21)が沖縄署に強姦致傷の容疑で逮捕された事件で、沖縄市の東門美津子市長は十一日午前、同基地に第一八任務支援群司令官のマックス・カーシュバム大佐を訪ね、「女性として耐えられることではない」などと抗議し、被害女性への謝罪を要求した。

 カーシュバム大佐は「詳細はまだ把握していない」とした上で「被疑者は軍人ではないが米軍の構成員であり、事件の事実関係を確認し、しっかりと対応したい」と話したという。

 面談後、東門市長は「被害者は恐怖を感じただろう。事件は絶対に許されることではない。被害者への謝罪と再発防止の徹底を求めたい」と述べた。

 東門市長は「早めに抗議の意思を示す必要がある」と急きょ、同基地を訪ねた。同日午後には外務省沖縄事務所、沖縄防衛局、在沖米国総領事館にも同様に抗議、要請する予定。

 沖縄署によると、男は今月一日午前、沖縄市内の飲食店で従業員の女性を殴り、性的暴行を加えたという。沖縄署が九日、強姦致傷の疑いで男を逮捕した。男の母親は嘉手納基地に勤務する大尉。

琉球新報

米軍、業者を選定 ハンセン内射撃場建設

 【東京】金武町の米軍キャンプ・ハンセン内の海兵隊レンジ3(射撃場)近くに米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)限定のライフル専用射撃場(射程1200メートル)が新設される問題で、米軍が建設業者を選定し10日までに日本政府に通知した。
 防衛省によると、米側は具体的な業者名や業者数、契約額は明らかにしていない。
 防衛省は在日米軍司令部に対し「工事を始めるのであれば住民の安全や生活環境、自然環境に配慮してほしい」などと要望したという。
 射撃場建設の事業費は720万ドル(約8億5800万円)の見込み。2008年2月に着工し、09年7月に完成する予定。施設の規模は高さ約14メートル、幅50メートルで3階建て。1階部分は事務室で、2、3階にそれぞれ10人が射撃できるスポットを設置する。
 射撃場の建設をめぐっては金武町議会や伊芸区が計画の即時中止を求める抗議決議などを全会一致で可決している。

(10/11 9:47

県民大会実行委、要望事項を決定 「沖縄条項」確立も

 教科書検定意見撤回を求める県民大会の実行委員会が11日正午から県議会で開かれた。15、16の両日に上京し、首相らへの要望事項などについて話し合い、検定意見撤回と「集団自決」に関する記述復活だけでなく、新たに教科用図書検定調査審議会(検定審)の速やかな開催と沖縄戦研究者の参加、「沖縄条項」の確立などを要請することを決めた。
 要望事項は(1)2008年度から使用される高校歴史教科書の沖縄戦「集団自決」に関する検定意見を撤回し、記述を復活する(2)検定審を速やかに開催し必要な措置を講じる(3)今後は検定審の審議を公開し、透明・中立・公正性を確保し、沖縄戦研究家を検定審へ参加させ、検定制度に関する情報を公開する(4)教科書検定を行うにあたって、沖縄戦の実態を明確に位置付ける「沖縄条項」を確立する―の4項目。
 要請には、実行委員会と共催団体から計121人の参加が11日までに決まっている。要請先は首相、文科相、内閣官房長官のほか、教科書出版社、執筆者など。日程は調整中。

(10/11 16:03)


沖縄戦の歴史歪曲を許さず、沖縄から平和教育をすすめる会 のプログから転載
みんなで文科省へ・国会へ行こう! 県民へのアピール
 9・29県民大会が終了し県民大会の代表が国へ要請したことにより、国の対応は軟化している様に見えますが本質的なところには頑として触れようとしていません。
 来週の10月15日、16日に再度の要請行動が行われます。今回の要請行動を成功させる為には出来るだけ多くの方へ参加していただきたく下記アピールを出しました。準備の時間が少なく、日程調整等大変かとおもいますが出来るだけの参加、参加呼びかけを行っていただきますようおねがいします。
 15日、16日の日程が固まりましたら、ホームページにお知らせいたします。現段階では大江・岩波沖縄戦裁判を支援し沖縄の真実を広める首都圏の会でアップされている事が企画されています。
 下記文書は当HPのアピールへもアップしてあります。
 みんなで文科省へ・国会へ行こう! 県民へのアピール

6.9県民大会実行委員会

 9月29日「教科書検定意見撤回を求める県民大会」に宮古・八重山を併せて、実に11万6千人が結集し、県民の意志を明らかにすることができました。しかし、県民の意志は明確に「検定意見撤回」であることが示されたにも関わらず「記述復活」のみの議論が一人歩きしています。

今私たち県民は「今後、このような問題が起こらないような決着ができるのか、それとも5年あるいは10年後に再び同じような沖縄戦の歴史歪曲が企図される懸念を残すのか」が問われています。検定意見をそのままにしての「記述復活」は何ら問題解決にはならないのは82年の「住民虐殺」時の検定問題を指摘するまでもありません。

 私たちは今回の教科書検定意見について以下の問題点を指摘せざるを得ません。
第一に、今回の検定意見は沖縄戦の事実を歪曲した間違った検定意見であることが「体験者による多くの証言」と研究によって明らかにされています。

 第二に、検定意見の原案は教科書調査官がつくったことはすでに明らかされています。これまで文科省が建前としてきた原則にも反する検定意見を検定審議会がなんの審議も実態もないまま通しています。

 第三に、訂正申請がかりに全面的に認められ、記述の回復ないしはさらに改善された記述が実現するならば、来年度から教科書を使う高校生に、より正確な記述の教科書を手渡すことが出来るという点で、大いに意味のあることです。しかし政府・文科省は申請に対応するとは言っていますが、どこまで記述の回復を認めるのか、まったく不透明です。検定意見が撤回されず、今回の検定意見がそのまま生きつづけている限り、訂正申請に対しても、今回の検定意見にもとづいて教科書調査官や検定審議会が、恣意的に訂正申請の修正を求めてくる可能性が強いといわなければなりません。その意味でも、検定意見の撤回がどうしても必要なのです。

第四に、だからこそ、県民大会決議の結論は「検定意見の撤回」であり、大会実行委員会代表は、政府などに対し、「検定意見撤回」を要求しつづけています。この声に私たちも応えなければなりません。

 私たちは6.9実行委員会は、「沖縄戦の実相」を引き継ぐためにも、このような懸念・課題を次世代へ残すわけにはいきません。その意味で15日・16日の東京行動を何としても成功させ「検定意見の撤回」を求めていかなければなりません。改めて県民のみなさまの東京要請行動への積極的な参加を呼びかけ、「検定意見撤回」までともに行動することをアピールする。

9.29実行委員会事務局   参加申し込み先・・・ Fax 098-863-5924
                  問い合わせ先 ・・・ п@863-5923 2007-10-10

10・15、16 教科書検定意見撤回を求める総行動

○10月15日から沖縄代表団による東京要請行動実施

昨日9日、沖縄の「教科書検定意見を求める県民大会実行委員会」が10月15日から16日まで東京要請行動の実施を決定しました。

文科相、官邸、国会議員要請等が予定されています。

教科書検定意見撤回を求める県民大会決議に基づく再要請行動です。

首都圏の会では検定意見撤回に向けて、連帯して以下の行動にとりくみます。

ひとりでも多くのみなさまのご参加と、できる限りのご支援・ご協力をお願い申し上げます。

星陵会館での決起集会は東京沖縄県人会との共催です。

10月15日(月)

 13:00から
 院内集会・国会議員要請行動
 (詳細別途連絡)
 「沖縄戦首都圏の会」 呼びかけの行動です

 16:00から
 銀座マリオン前 大宣伝行動
 「沖縄戦首都圏の会」 呼びかけの行動です


 18:30から 最大限の参加を!

 教科書検定意見撤回を求める総決起集会
 主催 東京沖縄県人会、沖縄戦首都圏の会 
 日時 10月15日(月) 18:30 開始
 場所 星陵会館 地図
 
 東京都千代田区永田町 2−16−2
 TEL 03(3581)5650

16日の行動は未定ですが、決定次第ご連絡いたします。
随時情報はお送りします。

以上よろしくお願い申し上げます。

問い合わせ先
大江・岩波沖縄戦裁判を支援し沖縄の真実を広める会
 事務局 (略称:沖縄戦首都圏の会)
〒101-0051千代田区神田神保町3-2 サンライトビル7F
   千代田区労協気付
   TEL 03-3264-2905 FAX 03-3264-2906
   okinawasen@gmail.com








10月Aへ 日誌indexに戻る 10月Cへ





参加者募集!!!
基地建設阻止行動およびテントで座り込みする人が必要です!!!
少ない時間でも、行動できる人は集まってください!!
あなたが行動することで現場の状況は変わる・・・・!!
どうか、よろしくお願いします!!
辺野古に来てください!!!
基地建設阻止行動のための緊急カンパのお願い!!
 辺野古では日米政府が「沿岸案」を合意し、座り込みはまだまだ続いています。。今後も基地建設を止めるには多大な資金が必要になると予想されます。全国の皆さんにカンパをお願いしたいと思います。皆さん応援をよろしくお願いします!!

 カンパを振り込まれる際は、下記の口座にお願いします。
加入者名「ヘリ基地反対協議会」 郵便振替番号:01700-7-66142

 沖縄・名護・辺野古の美しい海を埋め立て作ろうとしている新しい軍事基地建設を止めさせるために、おばぁたちが座り込みをはじめてから8年と600日以上。その怒りを正面からうけとめもせずに国は、ムリヤリ、かなりボーリョク的に着手し、調査のために建てられた5コのやぐらは、すでに海中のサンゴをふみくだいている。日本の各地で、世界で、この基地を作ることに対し、抗議の声がうずまいているとゆーのに。

 今、辺野古では、陸上での座り込み、海上・海底でのカヌーや船を使った阻止行動がつづけられており、那覇、大阪、京都、名古屋、東京では座り込みなどで辺野古のことを訴える活動が広まっている。これらを通じて辺野古を知り、これをじぶんの問題として重くうけとめた若者たちが辺野古にあつまり「カヌー隊」として活躍しはじめているところだ。

 弟のシュウは、船の免許をとり、「阻止船」を操縦している。巨大な作業船が辺野古に現れた日、通らせまいと、台船の進路に立ちはだかったが、台船は停まらず、シュウの船は何十倍もの大きさのその船に突撃、間一髪転ぷくはまぬがれたという。数年まえまでいわゆる「不登校」だった弟は、幸運なきっかけを得て、沖縄に行き、沖縄のかかえる問題を知り、辺野古のおばぁ達に出会った。おばぁ達に、学校では教えてくれないいくつものことをおそわり、「戦(いくさ)やならん、命どぅ宝(ぬちどぅたから)」とおそわった。これ以上、おばぁたちに、基地を苦しみを座り込むことをおしつけたくない、たった1人になってもここに立って止めよう、命をはってでも、と決めた。しかし、台船にぶつかる瞬間、シュウの頭をよぎったのは「かならず、生きぬいて帰ってきなさい、なにがあっても」という、おばぁのコトバと、大切な人たちの顔の走馬灯。死ぬわけにはいかない。なにがあっても生きていること、それ以上に価値あるものはない。おばぁの言葉の意味すること。弟の死がもたらす悲しみは、おばぁたちをも殺しかねないのだ。

 恋人のユウスケは、カヌー隊で、海上でのすわりこみをするため、名護でくらしている。ある日、仕事をやめ、彼は「辺野古に行こうと思う」と言った。それは、唐突ではあるがまるで必然のようだった。生活=お金のための生活をやめて、イメージに近いほうを選ぼうとしていたユウスケ。辺野古のことは知っていた。基地ができれば、もちろん自然はこわされ、それ以上に人がたくさん死ぬ。ねがいは、ただ、「幸せになること」。だからこそ、目の前に見えている脅威を見てみぬふりをして自分を偽ることはできない。ほんとうに幸せになりたいから、止めに行く。それが、ユウスケのイメージだ。ものすごくシンプルに、「好きな人を失いたくない、悲しませたくない」から、この不穏な世の中の流れを止めるために動く、その中でいま1番焦点になっているのが辺野古だったのである。

 カズマサ君は、仕事をやめてから、地元・名古屋と辺野古を行き来し、名古屋では街頭アピールなどで広め、辺野古では、はげしく船酔いしながらも必死で阻止行動をしている。

 サチコは施設局側の作業員との攻防で1度、指を3cmきり、流血したが、今日も笑顔で海に出て行き、カヌーをこいでいる。

 彼らは全員20歳代だ。若いからと言って失うものがないわけではない。仕事も、恋人もギセイにしてきている。
家族や友人の理解が必ずしも得られるわけではない。経済基盤も保障ももちろんない。
彼らはなにも好き好んで「たたかい」に来ているのではない。それぞれの意志で来ているのは確かだが、闘いたくて
闘っているわけではないのだ。ほんとうなら、好きな人と好きな場所で心おだやかに暮らしたい。
世の中が本当に平和なら、やりたいことは他にもっとある。
 それでもかれらが辺野古に来るのはなぜか。
 どうしても、今止めなければならないから。
 人の命をなんとも思わない人々がゆるせないから。
 命が大切と言うことだけは、どーしてもゆずれないから。

 私自身は東京で店を持ち、そこから発信していくために東京でやることに決めたため、辺野古には行けない。
先日も顔を蹴られるなどの暴行をカヌー隊メンバーが作業員から暴行を受けたとの報道があった。
東京で、はなれた場所でそのようなニュースを耳にすると、怒りとかやりきれなさが体中をうずまいて
いてもたってもいられない気持ちになります。今すぐにでも辺野古に行きたい。
 ケガさせられたり、あるは殺されたり、捕まったり。自分の大切な人がそんな目に、いつ合わされるか分からない状況
の中で、日常をおくらなければならないのが辛い。はなれていて手と足もだせない、叫んでも届かないのが辛い。
 ものすごく個人的な話ではある。
でも、自分の大切な人のいのちが大切なのは、誰でもあてはまるはずである。
自分の周りの人を大切に思うことと、戦争をなくそうと思うことは同じことだ。
大切な人が死んだらイヤだ。だから 戦争はやめよう、基地はいらない。
足りないのは、あと少しの想像力。イラクやアフガニスタンで、パレスチナで、亡くなった人々の周りの気持ち。
周りの人々のきもち。悲しくないわけがない。怒りがわいてこないわけがない。

 もう一度 問いかけます。辺野古の若者たちの「命を守るたたかい」にあなたは何を思いますか。 
 私たちは、辺野古で闘う若者たちの友人・知人・家族として、彼らの生活を支えるためのカンパを訴えます。
彼らが心置きなく行動するためには、1人・1ヶ月の生活資金・5万円ぐらいかかります。5万円×5〜6人を毎月作りたいと思っています。

 東京の「街」では、できるだけ多く地域の人たちが参加してくれるために「100円カンパ」を始めました。
 家族会も結成されました。

 ご協力をよろしくお願いいたします。
 太田武二(命どぅ宝ネットワーク)、ヨッシー(友人)、佐竹周一(友人)、中馬由紀子(友人)、中野高(友人)、富田直子・剛・翔子(家族会)、赤羽則子(家族会代表)、ハネやん(家族会)、末木(家族会)、
1/15 現在
郵便局 10020−84023361
赤羽 則子